日本を代表するHIPHOPサイト! Amebreak[アメブレイク]
  • INTERVIEW
  • KNOWLEDGE
  • NEWS / REPORT
  • COLUMN
  • RECOMMEND
  • MEDIA
INTERVIEW[インタビュー] RSS

OKI FROM GEEK
BORN TO BE

GEEK(ジーク)の一員として決して短くないキャリアを積んで来たOKIは、ここ数年で急速にそのプロップを上げてきたが、その評価はまだまだ十分とは言えないだろう。満を持してリリースされた「ABOUT」は、確かなスキルにオリジナルなリリックが堪能出来る、2008年のアンダーグラウンド日本語ラップを象徴する傑作。本作を期に彼の評価はますます高まる事だろう。

インタビュー:一ノ木裕之

普段生活してて些細な事から曲になるなっていう題材をピックアップして、
過去に聞いた話とかを合わせて一曲作る感じが最近は多いですね。
そういう、正直な気持ちと自分が見て聞いた話ってなると、
どうしても100%明るい曲にはならない

 SEEDA、DJ ISSOがホストを務めた5枚に及ぶミックスCDシリーズ「CONCRETE GREEN」は、これまでリリースのない(あるいは少ない)埋もれた日本語ラップ・アーティストの一群に大きな光を当てるとともに、シーンの新たな流れを設定するムーヴメントともなった。その一連のシリーズにあって、SD JUNKSTAと並んで大きく貢献してきたグループがOKI、SEI-ONEの2MCとDJ EDOから成るGEEK。初のグループ作を昨年、アルバム「LIFE SIZE」としてまとめる傍ら、OKIはSEEDAの諸作や、SCARSのトラック・メイカーSACのアルバムに客演してきている。そのOKIがこのほどグループ作に続きソロとして初のアルバム「ABOUT」をリリースした。昨年のグループ・アルバムに続くものとなる今回のアルバムからも、自らの置かれた環境や周りに見る世界を客観的に曲にしていく彼の姿を窺う事が出来る。飾りない心情や生活の吐露は、希望を描きにくい時代と響きあっている。


■OKI君がラップを始めたのは高校生に入ってからとの事だけど、そもそものスタートは?
「その前からスチャダラパーとか聴いてて興味持ってたんですけど、初めて行ったクラブで普段普通に話してる友達がマイク握ってラップしてたんで、カッコ良いなと思って始めた。そのカッコ良いと思った奴がいたグループにはSEEDAもいたんですよね」

■ラップを始める時に組んだ5人組グループのメンバー3人で、後にGEEKとして活動が始まるんだよね。
「大学生になって色々イヴェントにも出るようになって、ライヴに関しては、1,000は言い過ぎかも知れないけど結構やってますね。でも、その頃はグループでチケットのノルマがあって、友達に電話する度に『またそれか』ってどんどん友達が少なくなってくんすよ(笑)。それがキツくてノルマのないイヴェントに出るようになったら、徐々に出るイヴェントが少なくなってきて。それがちょうど就職活動とか重なった頃で、デモ・テープも作って色々送ったんだけど、全部蹴られた。一度はホントにラップやめようみたいな雰囲気になって」
 
■それが「LIFE SIZE」出す前の2年間ぐらいだとか。
「その頃は俺とセイイチ(SEI-ONE)のモティヴェーションが最悪で、その2年間はホント両手で収まるぐらいの数しかライヴやってなくて」
DJ EDO(以下E)「自分はクラブでちょこちょこDJもやってて、グループやめることも考えてなかったんですけど、2人がどうなっちゃうのか普通に心配して」
「そこでEDO君が俺たちのダメなとこを指摘して叱ってくれたんすよね。でも、そん時モティヴェーション最悪だから『また叱られた』みたいになってて(笑)」
E「ホント何回怒っても直んないんすよ。それが今では『LIFE SIZE』ってアルバムを出して、今回のOKIのアルバムにも繋がった。ホントにやっててよかったし、続けててくれて逆に感謝っていう」
「俺が逆にEDO君の立場でDJだとしたら、その2人を見て『もうダメだ。俺はDJだけでやってこう』みたいになっちゃうと思うんですけど、ライヴやってない時もEDO君は外で『GEEKのDJやってるEDOです』っていう風に自分の事を言ってくれてたし、EDO君が出てるイヴェントのフライヤーのEDO君の名前の横には必ずGEEKって入ってた。アルバム出す時もそれで俺らの事知っててくれる人達もいたりして」
 
■でも、その2年間が逆に糧になった部分もあるでしょ?
「前はリリック書くにせよそんな深い考えっていうのがなかった。だからリリックも薄いもんだったけど、その2年間はライヴする場所もないし、仕事から帰って来てもやる事もなくて、(例えば)TVの中でイケメンがラップの真似事とかしてると気に食わねえっていう歯痒い気持ちがあってリリック書いたりしてたから、挫折感、敗北感に浸ってペンが進んだっていうのがある。だから、いまだに俺のリリックは60%ぐらいネガティヴなんですよ。ただ、そういうとこで初めて、仕事が辛くてラップが書けないっていう状況も知る事が出来たし、そういう事が全部、今の自分のリリックに反映されてる」
 
■OKI君のリリックを実際聴いても、周りの状況とか生活が凄く客観的に歌詞になってるし、そこに虚勢とかがないのはすごく分かる。
「普段生活してて些細な事から曲になるなっていう題材をピックアップして、過去に聞いた話とかを合わせて一曲作る感じが最近は多いですね。そういう、正直な気持ちと自分が見て聞いた話ってなると、どうしても100%明るい曲にはならない。今回の『ABOUT』でもそれが一番分かりやすいのは“ろくでなし”だと思うんですよ。これも最初はラヴソングを書きたかったんですけど、正直な気持ちで書き上げたらラヴはラヴだけど、100パーじゃないみたいな。状況が変わっていけば明るい曲も出来るかも知れないんですけど」
 
■ともあれ、モティヴェーションの低い時期を越えるきっかけは「CONCRETE GREEN」への参加だったわけで。
「SEEDAが『GREEN』を出した辺りで『CONCRETE GREEN』も始めたと思うんすけど、そん時久々に、8年振りぐらいに再会して。それで色々デモを送ったら、良いって言ってくれて『CONCRETE GREEN 2』に初めて曲が収録されて、そっから1曲ずつ『CONCRETE GREEN』に作品を提供する度に、今まで夢だった雑誌みたいな所に自分達の名前が紹介されてモティヴェーションも上がった。フテってライヴもやりたくねえみたいになってるとこで『CONCRETE GREEN』に フックアップしてもらって、今こうなってるっていう。SEEDAと(DJ)ISSO君にディールの仕方を教えてもらって『LIFE SIZE』出す事が出来たし、SEEDAは友達であって音楽の先生みたいなもん。かと言ってSEEDAは恩着せがましいことも言ってこないし、普段はフラットな関係ですね」

■改めて活動を続けていくにあたって、意識の変化は?
「フロウとか声の出し方はまだまだだと思うんすけど、リリックに対する妥協が一切なくなりましたね」

■それはグループ作の「LIFE SIZE」と並行して制作がスタートしていたという今回のソロ・アルバム「ABOUT」も然り。 
「そうですね。『LIFE SIZE』を作った事によって、やりたいと思った事がやりやすくなった。アルバム一枚を通してこれを言いたいっていうんじゃなくて、一曲一曲これを言いたいっていうタマが16曲あって、それに関して全部言い切ってる。パッと読んで一発で分かる表現じゃなくて、何回か聴くのと併せてリリックを読んでみて初めて意味が繋がる部分を意識して作った。パッと聴いて分かり辛い所もあるかも知れないけど、『ここの部分どういう意味?』って聞かれたら全部説明できるぐらい、自分の頭の中ではストーリーとして一個一個出来上がってる」
 
■“WOMAN NO CRY”を始めとして、自分以外にも周りの世界に目を向けた曲もあったり、ボクサーになった友達に絡めて自分の事を歌ってる“あの日”があったり。
「そうですね。感動とかそういうのって、口で説明すると俺は話がそんなに上手くないから安っぽくなっちゃうんですよ。けど、リリックだとじっくり考えてモノとして出せる。尚且つフロウとか声の出し方に気持ちも入れられるかなっていう。喜怒哀楽も入れられるから、そいういう伝え方が良いかなと思って」
 
■じゃあ、特定の誰かに対する自分の思いを曲にするっていう事も多いんだ。
「そうですね。ぶっちゃけアルバムのどの曲にも、この部分はこいつに言ってるっていうのがありますね」
 
■改めて最後に「ABOUT」について一言を。
「リリックで聴いてくれる人は満足してくれると思う。自分の出せる限りの事はリリックに入れられたかな」
 
■今後どういうことを曲にしていきたいと?
「どっちかっていうと話をおっきくしないで、細かい部分を更に広げていって他であんまやってないストーリーを展開していきたいですね」
 
■今後の予定などがあればそれも聞かせてもらえるかな。
「次はGEEKでアルバムをバーンと行きたい。内容としてもそうですけど、2MC+1DJってオーソドックスな形じゃないですか。でも、今ってソロのMCがいて、大勢のグループがいて、それぞれがそれぞれの曲を持ってって感じであまりグループとしてがっつり行ってるとこが少ないからそこをあえてがっつり3人で1つみたいなヴァイブスが伝わる作品にしたいですね」


EVENT INFO
2月21日(木)『HIGH GRADE SPECIAL』(渋谷nuts)にて「ABOUT」リリース・パーティを開催。詳細は渋谷nutsまで。



Pickup Disc

TITLE : ABOUT
ARTIST : OKI FROM GEEK
LABEL : LIFE SIZE/KCCD-305
PRICE : ¥2,415
RELEASE DATE : NOW ON SALE
TITLE : LIFE SIZE
ARTIST : GEEK
LABEL : LIFE SIZE/DNZ-001
PRICE : ¥1,500
RELEASE DATE : NOW ON SALE