INTERVIEW[インタビュー] RSS

JUSWANNA

Amebreak読者なら「今か今かと待ち詫びた奴ら」だらけだろ!JUSWANNAが待望の1stアルバム「BLACK BOX」を引っ提げ戻ってきた!頼もしいまでにドス黒い作品を完成してくれた彼らのHIP HOP愛に共感するヘッズは多いはず。MEGA-GとメシアTHE FLYが語る!

インタビュー:伊藤雄介(Amebreak)

「俺たちは細分化してるシーンの一端を担っているかもしれないけど、全体を見たら本当に一部だから、まだまだ認知されてる気もしないし、だからこのアルバムを通して知ってほしいですね」——MEGA-G

 とかくハードなイメージが付きまといがちなMSC一派であったり、ストリート・ライフを描写したそのリリックから、JUSWANNAに対して少し怖いイメージを持つリスナーも多いと思うが、筆者にとって彼らは愛すべきHIP HOP馬鹿以外の何者でもなく(筆者と同世代というのもあるだろうが)、そんな彼らの偽りのないHIP HOPへの愛情が惜しみなく注ぎ込まれたという意味では、待望の1stアルバムとなる「BLACK BOX」は(ベクトルこそ違うが)サ上とロ吉の「WONDER WHEEL」と並んで、現時点で個人的に今年最も聴いていて同じHIP HOP好きであることに深い悦びを感じたアルバムだ。そんな彼らの日本語ラップ、そしてHIP HOPへの想いがどれだけディープなものかは、このインタビューを読めば十分伝わるのではないかと思う。

■僕の中ではJUSWANNAっていつの間にかシーンに現われた印象があって、そういえばどうやってグループが始まったか知らないな、って思って。
MEGA-G(以下MG)「実は本人たちが一番どうやって結成したか覚えてないっていうのがあるんですけど(笑)。気付いたら一緒にやってたよね」
メシアTHE FLY(以下MF)「多分それ(『いつの間にか』という感想は)正しいですよ。俺らもJUSWANNAってグループを結成して『行くぞ!』って感じではなくて、最初にやってた奴らがいて俺らが入って、いつの間にか形になったっていう感じなんで」
MG「最初のEP(『湾岸SEEWEED』)のプリプロをやってた頃に、元々やってたメンバー(CAMEL)が一身上の都合で辞めて、EP出した後にDJのDOMMONも辞めて」
MF「辞めた二人がオリジナル・メンバーなんですよ」
MG「俺たちはフィーチャリングみたいな感じだったよね、最初は」
MF「だから、JUSWANNAっていう名前をどうするかって話にもなったんだけど、まあこれでいいでしょってなって」
MG「形的には今は二代目って感じだよね」
MF「ガッチリ結成してやります、みたいな告知も一切してないしね。MSCのライヴの前座とかでダラダラやらせてもらう内にだんだん形になってきた」

■その前はMEGA-G君はUBGと絡みがあったみたいだけど。
MG「正式メンバーではなく、彼らが練習する集会に誘われてたんですけど、自分が通ってた時期はまったくその集会がなくて(笑)、単純にKEN-BOさんのレコ持ちとか運転手やったりしてて。18〜9歳ぐらいのときで、クラブ入る金もないし、そういう人たちについて行けばいろいろ見えるかな、って思って。今もUBGで頑張ってるBRAIDZとかは同時期に一緒に動いてましたね」

■メシア君は元々DOWN NORTH CAMPの一員だったんだよね?
MF「DOWN NORTHでやってたときはほとんどライヴとか行ってなくて、かなりのバックレ王だったんですよ。その頃はぶっちゃけラップというものにあまり可能性を感じてなくて、イヴェントに遊びに行くぐらいで後は仕事してたんだけど、DOMMONたちに『お前が好きそうなラッパーがいる』ってMSCを紹介してもらって。『こんなこと言っちゃってる奴らがラップしてもいいんだ』って思って、俺も気持ち的に復活して。だから、その頃俺は活動的には終わってましたね」

■「湾岸SEEWEED」から約3年経ってのアルバム・リリースだけど、敢えて「寝かしてた」みたいなところもあるの?
MG「いや、単純に出来なかったですね(笑)。でも、焦って作ろうというのはまったくなかった。SEEDA君とかリリース量も多いし、他の人たちもバンバン出してるのを見てて『いいな』とは思ってたけど、一発に賭けて量より質で勝負したいな、って。『年数かけた分ドシッとくるヤツ作らないとダメでしょ』って自分でハードル上げちゃって。で、『このままじゃ普通に出してもつまんないな』って思ったんで、そのとき集まってたトラックを持ってNYとかジャマイカ行って自分の中だけの話題作りをしたりしてましたね(笑)」
MF「3年以上経ってた気が俺の中ではしてましたけどね。意外と経ってねぇんじゃねぇのか?って(笑)。俺らも早く出したかったんだけどね、結果的には待たせに待たせてよかったんじゃないかな、って」
MG「それが“BLACK BOX”のフックにも繋がってるという」

■どのようにこの3年間を使って制作されたのかはさておき(笑)、でも、時間をかけて作ったっていうのが納得できる内容だと思うんだ。重厚なアルバムだと思ったし、ここ最近の日本語ラップにある、スピード感を重視したリリックの書き方とは対極の、練りに練られたリリックが逆に新鮮だったし。雰囲気一発じゃない、奥の深さがこのアルバムにはあると思うんだけど、やっぱりリリックを書くのには時間をかける?
MG「俺はメチャクチャ時間かけますね。メシアは逆に早いんですよ」
MF「でも、俺も(インストCDを)平均120回は聴いてから書きますね(笑)。雰囲気勝負のどストレートな良さっていうのも確かにあるとは思うんですけど、聴いてく内に噛み砕いて納得できるようなものを目指して今回は作った」

■アルバム・タイトルに込めた意味は?
MG「それはもうマンマで、タブーを詰め込んでるという。TOKONA-Xが昔『もうちっとタブー侵しな!』って東京に向けてメッセージ放ってたのを10年越しに返したという。ウソですけど(笑)」
MF「『BLACK BOX』って聞くとなんか雰囲気あるじゃないですか。パンドラの箱みたいな感じで」

■確かに、ストリートなあれやこれやを知らない……例えば俺が中1とかでこのアルバム聴いたら結構衝撃かもなぁ(笑)。
MG「15歳ぐらいのときに自分が聴いてた日本語ラップと、今聴いてるときの感覚って全然違ってて、昔とかはスラングとかまったく分からなかったから雰囲気とか韻の踏み方とかでカッコ良いって思ってたけど、今聴き返すと内容全部がカッコ良かった、みたいな。歳取ってから聴くとまた違った聴き方があるんですよね」

■やっぱりそういった効果をこのアルバムを通してリスナーに与えたいという意識があったんだ。
MG「今は違う捉え方してる人も、何年もかけて理解してくれたらスゲェ嬉しいですよね。ジャケも、何年後かにディグってるときに『あれ?このジャケJUSWANNAに似てね?』って思ってくれるようなことを期待してますね」

■KOOL G RAP & DJ POLO「LIVE AND LET DIE」のジャケをサンプリングしたアイディアは誰が思いついたの?
MG「俺ですね。アルバム自体に思い入れもあるけど、レーベル・メイトのSHINGO☆西成君がこのアルバムに入ってる“ILL STREET BLUES”からインスパイアされた“ILL西成BLUES”作ったのにヤラれちゃってて。KOOL G RAPはNYで一番ヤバいストーリーテラーだから、そういう部分への尊敬も込めて使わせてもらいました。尊敬を込めてるギャグみたいな。最近のHIP HOPはマジメすぎてギャグが足りないと思ってて、エンターテイメント性がもっとほしかったんですよね。あと、MUROさんとかもよくジャケを昔のソウルのレコードとかからサンプリングしてたけど、元ネタのジャケをレコ屋で発見したときに感動するじゃないですか。そういう出会いを大事にしてほしくて」

■ジャケももちろん、サウンドからもJUSWANNAが90年代中盤のNY産HIP HOPに影響を受けているのは明らかだと思うけど、あの時代のHIP HOPにはあって今にはない魅力は?
MG「ベースラインのこもり方とか(笑)。単純に音的な問題はあるけど、ラップ的には今の方が進化してるんじゃないですかね、日本語ラップもUSのラップも。出尽くして何周もしちゃってるから、結構みんないろんな方法を知ってると思うし、その中で自分のやりたい方法をみんな見つけてると思う」

■じゃあ二人の中で懐古趣味的なものはあまりない?
MF「好きは好きなんですけど。怪しい雰囲気とか、俺らが高校ぐらいのときに受けた衝撃がずっと忘れられなくてやってるって感じで。だから『あの頃に戻そうぜ』って感じじゃなくて、単純に俺たちが好きでそれが滲み出ちゃっただけ」
MG「90年代は間違いなく最高でしたけど、FRONTのインタビューでBUCKSHOTが『昔を振り返っててどうするんだ』って言ってたんですけど正にそれで。昔を引きずってても良いことはないし、今に対応できないと意味がないと思うんですよ」

■二人は国内屈指のフリースタイラーとしても知られてて、今でもバトルに積極的に出てるけど、フリースタイルが曲制作にどういう影響を与えてると思う?
MF「アグレッシヴさじゃないですかね。フリースタイルをやるか、やらないかって結構デカくて、ラッパーなんてみんなフリースタイル出来るはずなんですよ。やらないから出来なくなっちゃうだけで。フリースタイルやり続けたりバトルも出続けて、常に今のシーンに食い込んでいって若い奴らと戦わないと、ラップは確実に老いていきますね。バトルで勝ちたいだけじゃなくて、出ることによってアグレッシヴさをもらったりとか、熱いものをもらいたいんですよ」
MG「STILLICHIMIYAのPONYとかバトル以外でもバーカウンター前とかで普通にフリースタイル仕掛けてくるじゃないですか。そこで普通にフリースタイル返してると良いラインとか頭に残るし、そのまま曲に採用したりすることもある。だから、このアルバムはみんなのおかげで出来たというか。みんなと交流して頭の中が活性化して出来ちゃったモンだから、フリースタイルはこのアルバムを構成する重要な要素ですね」
 


“BLACK BOX”

■今作を聴くと、奇を衒ったような要素や派手な要素はあまりなくて、地に足着いたトピックの中で自分たちのスキルを最大限見せるということに重点が置かれてるように思ったんだけど。
MG「実際派手な生活もしてないんで(笑)、生活に合ったラップになっちゃうのが自然だと思うんですよね」
MF「トラック的にもパーティ・シット的なものは確かにないですよね」

■パッと見のインパクトというよりはリリックの深さとかテクニカルな側面を意識してるのかな、って。
MG「それが本来のHIP HOPアルバムなんじゃないかな、って。最近耳にするラップ・アルバムってトラックもピカピカしてるし、フックを女の子が歌ってたりしてて派手さがメインだけど、それはやってる奴もいっぱいいるし俺たちの役目じゃねぇな、って」
MF「それが主流なら俺たちはやらないし、俺たちがやってるようなのが主流になったら逆に俺たちはやらないですね。みんながやらないことをやる」
MG「正に“時流に媚びない反逆者”なんですよ(笑)」

■全編に渡って細かい引用とか比喩が多いのが今作の特徴だけど、そういった引用を通して若いヘッズを啓蒙しようという意識はある?
MF「そこまで大それたものじゃないんですけどね。コレを聴いて『こういうラップをする奴がいる』って分かってくれればいいですね。後は受け取り方次第で」
MG「リリックの引用とかは単純に自分が使いたいから使っただけで、もちろん使った(元ネタの)ラッパー/曲は大好きで、自分の書いた曲にハメたら面白いだろうな、と思って使わせてもらった」

■JUSWANNAのライヴは、昨今のCDJで自分たちの曲のインストを流すのとは違って、他人のヴァイナルを多用するセットだけど。
MF「せっかくDJがいるんだし」
MG「DJ忘れるんじゃねぇよ、って。『THE SHOW』って映画でRUN DMCが『俺たちはDATなんか使ってねぇ!DATなんてクソ食らえだ!』って言ってて、アレ観て自分はDJとバッチリやらないとライヴじゃねぇな、って思って。あと、ライヴだと音源と違うものを見せたいっていうのがあって。単純に観てる人は得するじゃないですか。自分が今まで観てきたライヴもライヴじゃないと観れないスペシャルなトラックの乗せ方だったりフロウも変えたりするものだったし。その日しか観れないセットを作りたくてアナログを使ってるというのはありますね」

■ところで、友人が指摘してたんだけど(ビガップ、ヒーロンfrom高知重要FAKTAZ)、“BLACK BOX”のサビってKRISS KROSS feat. SUPERCATの“ALRIGHT”のサビから来てない?
MG「いや、アレじゃなくて別の元ネタがあって。MARLEY MARLとKRS-ONEの『HIP HOP LIVES』ってアルバムに“KILL A RAPPER”って曲があって、そこのサビから来てるんですよ。あのアルバムのリリース・パーティをNYに行ったときにたまたま観て、KRS-ONEとMARLEY MARLが20年越しに握手してる瞬間とか目の前で観ちゃって。そのとき演ってた“KILL A RAPPER”のサビの歌い方がずっと耳から離れなくて、ライヴ観てるときも『日本語で乗せたらどうなるかな?』って思って『今か今かと待ちわびた奴』ってラインが浮かんだんですよ」

■なんてマニアックな(笑)。ビギーにインスパイアされた“10 BUDZ COMMANDMENTS”を作ろうと思ったのは?
MG「単純にビギーが好きだからっていうのもあるんですけど。自分もいろんなところでカヴァー曲を作らせてもらってるんですけど、日本語ラップばっかカヴァーしてたから敢えて洋モノでチャレンジしたいな、って。でも、ぶっちゃけ英語喋れないんで、喋れなくても通じそうなヤツってなったとき“10 CRACK COMMANDMENTS”が浮かんで。実はこの曲3分9秒で終わるんですけど、ビギーの命日が3月9日ということで」

■細けー!!
MG「マスタリングはBOOT CAMP CLICKとかやってる人にお願いしたんですけど、最初この曲は3分14秒ぐらいあって、(秒数を短くしたい旨)伝えようと思ったら『いや、もうやってあるよ』って言われて(笑)」

■マジで!?
MG「しかもBPMも88です(笑)。そういうトリプル・ミーニングが」

■ヤバイね。でも、そういうところがイイ、JUSWANNAは(笑)。
MG「見えないところのオシャレじゃないけど。靴下超オシャレしてるみたいな(笑)」

■まさか“10 BUDZ COMMANDMENTS”からそんなに出て来るとは思わなかった……「スクラッチの声ネタはラッパ我リヤだよね?」とか訊こうとしてた俺がアホみたいだ(笑)。他に分かりやすい引用と言うと、“ピエロスタイル”は当然METHOD MANの“PLO STYLE”から来ているわけで。
MG「“ピエロスタイル”の俺のヴァースの『ICE-TとSPIKE LEEに楽太郎を足したようなブラックなジョーク』というラインは、BUCKSHOTが以前ICE-TとSPIKE LEEで踏んでて、その踏み方がカッコ良いなって前から思ってたんですけど、3つ目は日本人の名前でオチにしたいな、って思って“黒い”ものを探してたら楽太郎の腹が浮かんじゃって(笑)」
MF「キャラ的に腹黒いでしょ、って」
MG「3つ目はギャグで。シリアスな部分にシニカルなものを混ぜるという。ラップには笑いもあってナンボだと思うんですよ。全部シリアスに攻めちゃうとビーフになりかねないかもしれないけど、ギャグがあることによって微笑ましい曲になるという」

■ユーモアで言うと、日本語ラップの特徴の「強引に韻を踏むことによって生まれるぶっ飛んだ感じ」みたいのは、特にMEGA-Gのラップに顕著だよね。
MG「韻を踏む面白さっていうのはギドラぐらいから感じてて、走馬党でピークが来て。走馬党メチャクチャ好きで入りてぇぐらい思ってましたからね(笑)」

■JUSWANNAが特徴的なのは、昔気質なHIP HOP好きが支持できる要素が多い一方、そういった要素や文脈を理解できない、所謂「日本語ラップ好き」にも支持されている点で、リスナーによってJUSWANNAに対するイメージって違うと思うんだよね。そういったファン層が幅広いという状況に対して二人はどう思ってる?
MG「それは単純に嬉しいですよね。いろんな世代の奴がチェックしてくれてなおかつ『良いね』って言ってくれるのはラップしてて一番嬉しいですよね」

■とは言え、JUSWANNAのリスナーにもある程度のHIP HOP的教養はあった方がいいと思う?
MG「確かにディグをすればもっと楽しめると思うけど、逆にディグをしなくても楽しめるようだったらそれはそれでスゲェいいと思う」

■じゃあ、前提としての知識は求めてなくて、このアルバムを通して知識が増えてくれればいい、と?
MG「全然そういうことで、ここから元ネタに辿り着いてくれたら嬉しいですね」
MF「正味な話半々ぐらいだろうけどね。これを聴いて掘るのは半分ぐらいで、残りの半分は今まで通り日本語ラップしか聴かないだろうし」

■日本語ラップに対する意見も今作ではところどころに見られるけど、現在のシーンに対してはどう思う?
MF「良くはなってきてると思いますよ。選択肢が昔と比べてかなり増えて、昔は日本語ラップをやってる人がいなかったら辿り着くところがひとつだったけど、今は辿り着く先がいっぱいあって入り口もいっぱいあるから、そうやって増えたのは良いと思います。でも、一方でみんなが流行に左右されて似すぎちゃうところがあるとも思う。だから、俺たちはそういうところに向かわずにこういうアルバムを作ったんですよ」
MG「前作出したときも思ったんですけど、俺たちが作品を出したことを上の世代の人が知らなかったり、音渡しても聴いてくれてなかったりするのがスゲェ残念で。こっちは昔からその人たちをチェックしてたし、今のヤツも出来る限りチェックしようとしてるけど、(俺たち以下の世代は)上の世代にまだ上手く認知されてないのかな、って。強制的なユニティじゃなくて、純粋に『お前の作品ヤバかったよ!』『お前らと何かやりてぇんだよ!』って心から言ってくれる上の世代の人がいると嬉しいですよね。俺たちは細分化してるシーンの一端を担っているかもしれないけど、全体を見たら本当に一部だから、まだまだ認知されてる気もしないし、だからこのアルバムを通して知ってほしいですね」

EVENT INFO
LIBRA PRESENTS 『HOT POT SPOT』
JUSWANNA「BLACK BOX」RELEASE PARTY
 
日時:5月1日(金)00:00開場
場所:新宿LOFT
料金:前売り 2,000円/当日 2,500円
出演:JUSWANNA/山仁/PRIMAL/O2/少佐/L-VOKAL/DAG FORCE/BES/仙人掌/KASHI DA HANDSOME/DJ MASH/DJ TAKUMI/DJ JOMO/LEGENDオブ伝説/DJ SHOW/DJ RYUHEI/DJ MUTA
(問)新宿LOFT:03-5272-0382
 
 
 
 
 

Pickup Disc

TITLE : BLACK BOX
ARTIST : JUSWANNA
LABEL : LIBRA RECORD/LIBPCD-002
PRICE : 3,000円
RELEASE DATE : NOW ON SALE