INTERVIEW[インタビュー] RSS

ZEN-LA-ROCK

これまでオールド・スクール/エレクトロ感強い楽曲で異彩を放ってきたZEN-LA-ROCKだが、今作「THE NIGHT OF ART」は今までの彼のイメージからすると意外な印象を受ける人も多いのでは?“夜”をテーマにしたトークボックスを絡めたメロウ且つアーバンなファンク・サウンドの数々は、驚く程完成度高し!

インタビュー:高木晋一郎

「やっぱり俺はHIP HOPから疎外感を感じてて、へそ曲がりなのかもしれないけど、どうしてもみんなと一緒になれない感じがあったんですよ。でも、今回はそういう音楽シーンの状況変化や、単純にこういうセンスを共有できる友達も増えたっていうので、『これでいいんだな』って。だから時代と自分たちの音楽性が珍しくフィットしてるなって。だから自由に肩の力を抜いて作れた作品ですね」

 「THE NIGHT OF ART」というタイトル通り、ZEN-LA-ROCKの完成させたハイクオリティなニュー・アルバムは、一言で言えば“夜”の音楽だろう。そしてその夜は、「何かが起きそう」というワクワク感を感じさせてくれる夜。その意味では、今までの彼のイメージとはややかけ離れた、踊らせるというよりはじっくりと聴かせる大人な作品に仕上がっているし、なんどもリピートしてしまう中毒性に溢れている。そしてそれには、彼自身も盟友と話すBTB(PPP)の手腕の確かさも大きく作用しているだろう。冬の夜空にピッタリなアーバン・ファンク、ご賞味あれ。


■まず今作をコンセプト・アルバムとして完成させるというアイディアはどこから?
「自分がラッパーとして、ミュージシャンとしてステップアップをしたくて、そうするためにはやっぱりアルバムを作るしかないし、かつ普通に1stみたいなアルバムを作っても意味ないなって。だから、これまでと差別化、スタイル・ウォーズさせるにはどうすればいいかなって考えたときに、コンセプト・アルバムかなって。ただ、最初から“夜”ってイメージで作っていったわけではなくて、最初に作った何曲かのイメージが夜って感じだったんで、これは“夜”に統一してまとめようと」

■コンセプト・アルバムということで制作の進め方も前回とはかなり違うようですが。
「前回は曲を作り溜めていってそれがアルバムになっていったんですけど、今回は“すぐソコに”をまず作って、そこからBTBにトラックをもらって、そこでコンセプトが決まって……って感じですね。その土台の上に色んなトラック・メイカーからそれにふさわしいサウンドをもらってって感じですね。ただ根本的な部分は1stから変わってないんですけどね」

■そうですね。こういったサウンドは前作だと”KOKO de CHILL”に強く表われてましたし。
「好きなモノが多すぎていろんなことをやりたいんだけど、ひとまず今回はこういったトーンのセクションに焦点を当ててみたってトコですね」

■今回はトークボックスが大きなポイントになっていますが、このイメージは?
「それは制作の最初からイメージしてましたね。絶対に入れたいと思ってたし。で、トークボックスが入ってるといわゆるウェッサイがイメージされるけど、そうじゃない落としどころはどこなんだろうっていうのを見つけるのが今回のもうひとつのテーマだったというか。そして、それにはやっぱりBTBの影響も大きくて。BTBとは彼が“特攻”としてレッキンクルーってグループを組んでたときから一緒に作品を作ってたし、ずっと彼と音楽を作ってきた一番気の合う仲間だし、その彼の今の音楽性と俺のやりたい方向っていうのがこういうコンセプトに落ち着いたのかもしれない」

■ただ、レッキンクルーとZEN-LA-ROCKという2組で考える……のはもうオッサンの世代かも知れませんが(笑)、ともあれ、遡って考えるとこの2組はエレクトロ且つ派手めなサウンドを作っていたというイメージがありますね。その2組がこういった落ち着いたアルバムを作るのはちょっと意外だなって。
「だから俺らも歳取ってきたのかなって(笑)。そういうハードなモノに飽きたってわけではないけど、美味しいものも食べ過ぎるとちょっともたれるじゃないですか。そういう感じで、ちょっと違う方にも箸が進んだというか。でも激アゲな音楽だけじゃなくて、P・ファンクとかZAPPなんかを好んで俺もBTBも当然聴いてたし、それがベーシックな部分としてある。且つ、今回に関してはSTONES THROWのDAM FUNKの出現っていうのも大きかったですね。MySpaceやネットで彼が音源を上げてたときから注目してて。彼にメッセージで“FUNK”って送ったら“FUNK ALIVE”って返ってきて『なんだコイツは!』って感じで勝手にシンパシーを抱いてて(笑)」

■そのやりとり自体が相当すごい気もしますけど。
「そういうのもあって、影響を受けたっていうか、『これでいいんだ』って改めて感じさせられて。やっぱり俺はHIP HOPから疎外感を感じてて、へそ曲がりなのかもしれないけど、どうしてもみんなと一緒になれない感じがあったんですよ。でも、今回はそういう音楽シーンの状況変化や、単純にこういうセンスを共有できる友達も増えたっていうので、『これでいいんだな』って。だから時代と自分たちの音楽性が珍しくフィットしてるなって。だから自由に肩の力を抜いて作れた作品ですね」
Amebrak伊藤「僕はSNOOP DOGGの “SENSUAL SEDUCTION"の日本からの回答かっていう印象を受けましたね」
「あのPVを最初に観たときは死ぬかと思いましたね。『マジで!こんなの待ってたっす!』って。だからDAM FUNKと“SENSUAL SEDUCTION”が大きいですね。だからホントに根本は“FUNK”ですね」

■確かにやってること、というかイズム自体は今までと何ら変わってないですね。ただ、これは勝手な推論ですが、ここ最近のエレクトロ/4つ打ちブームに併せて、そういった方向性に進むこともゼンさんなら可能だったと思うし、親和性も高いと思うんです。でもそういった状況には乗らなかったのはなぜ?
「そういった選択肢はなかったですね。カッコ良いモノを作ろうというときに、そういった方向性を今回やろうとはまったく思わなかったし、そういった方向をやる人も多いし、もう“普通”じゃないですか。それを俺がやっても“FRESH”じゃないから」


“SOUND MAGIC feat. BTB”

■なるほど。ではリリックに関してはどうですか?ある意味では前回よりも平熱に近づいた印象も受けたんですが。
「選んだトラックに合わせたらこうなったって感じですね。でも1st出してからリリックについては結構悩んでたりしたんですけど、前のアルバムよりはもうちょっと分かりやすく書いたし、自分のことも少しは言うようにしましたね。でも、モロにパーソナルな部分だったり具体的なことをいうのは、それが得意な他の人に任せればいいなって思うし、俺は、このリリックが“俺”なんですよね。それはアートワークも含めて。あと、今回は(アメリカの作家の)ポール・オースターの影響をすごく受けて、それを作品に落とし込んでるつもりなんだけど……それを感じないとよく言われます(笑)」

■今回のリリックってすごくロマンティックだと思ったんですが……。
「それもポール・オースターがロマンティックだからなんですよ。俺も気持ちはピーターパンですから、そういう部分に影響されたのかも(笑)」

■多分、サウンドだけの変化でここまで聴きやすく、かつ沁みる作品になったんじゃなくて、サウンドに加えてリリックの変化もそれには大きかったと思うんですよね。
「嬉しいですね。でもBTBもかなりのロマンチストなんですよ。ある意味、危険なロマンチスト(笑)」

■危険が付くと途端に恐怖感が生まれますね(笑)。
「もう、ロマンティックでは表現しきれない。奴のトークボックスの歌詞とか『……すげえな!』って感じで(笑)」

■そういった部分も含めて、全体のトーンとしてはより日常にフィットする音楽になってると思うんですね。
「それは嬉しいっすね。聴きやすくってことを心がけた結果がそれだったらよかったです。前のアルバムがライヴを前提にしてた分、聴く場所やシチュエーションを選んでしまうことになってたけど、そういうアッパーな曲を今回のアルバムはある意味で補うというか。だから、前回と今回の二つでひとつのアルバムって感触がありますね」

■では、盟友BTBのサウンドの魅力を言葉にすると?
「まず、日常で俺らが話してるマニアックなアイディアやイメージを音に出来るっていうのがすごいっすね。それから、誰も作ってない音を産み出すっていうことを追究してるところ。あと、ずっと一緒に作ってるからやりやすいっていうのもありますね。ドリフの馬鹿バカ兄弟みたいにウヒャウヒャ言いながらも、カッコ良いものを作れるっていうのは幸せですよね」

■今までの話をひっくり返すようですが、今回は聴きやすいといえど、でも特殊なアプローチの作品ではありますよね。
「それは否めない(笑)。でも『それがHIP HOPじゃん』って思うんですよね。例えばHIPHOP最高会議のチバさんだったり、そういう面白いHIP HOPをやってきた先輩から影響を受けて今の俺があるわけだからハンパなことは出来ないし、HIP HOP/音楽ゲームの中で面白いことをやらなきゃなって。そういう基本事項は貫きたい。HIP HOPの教育課程をしっかり受けちゃってるし、いい加減なことやってたらブロンクス川流しにされそうだし(笑)」

■最後に、次の展開はもう見えていますか?
「次の作品はまだ見えてないけど、なるはやで次も出来ればって。もう残りひと月だけど、とりあえず今年はこのアルバムで突っ走ろうかなと思ってます。12月29日@新代田FEVERのリリパにも来てほしいですね。それから、AFRAたちとやってる『OUTTANET』(ネットラジオ)も配信してるんで、それも注目してもらえれば嬉しいっす」
 

EVENT INFO
SPACE CONVENTION VOL.5
ZEN-LA-ROCK 2nd ALBUM「THE NIGHT OF ART」RELEASE PARTY
 
日時:12月29日(火)22:00開場
場所:新代田FEVER
料金:当日 2,500円(1D)/w/FLYER 2,000円(1D)
出演:ZEN-LA-ROCK/BTB × LUVRAW × NK-SUNSHINE × Mr. MELODY/鎮座DOPENESS/PUNPEE/SHUNTA (WORLD INVADERS)/ロボ宙他
(問)ZEN-LA-ROCKオフィシャル・サイト:http://www.zenlarock.com

 
 
 
 
 
 
 
 
 

Pickup Disc

TITLE : THE NIGHT OF ART
ARTIST : ZEN-LA-ROCK
LABEL : AWDR, LR2/DDCB-12020
PRICE : 2,500円
RELEASE DATE : 11月18日