日本を代表するHIPHOPサイト! Amebreak[アメブレイク]
  • INTERVIEW
  • KNOWLEDGE
  • NEWS / REPORT
  • COLUMN
  • RECOMMEND
  • MEDIA
INTERVIEW[インタビュー] RSS

RHYMESTER(後編)

インタビュー:伊藤雄介(Amebreak)

「RHYMESTERから離れてHIP HOPシーンの外側でやってきたものを持ち帰った際、『何故HIP HOPだったのか』『何故RHYMESTERなのか』『何故日本語ラップなのか』ということを考える局面が多々あるんだ。前から言ってるように、やっぱりHIP HOPはまだまだ嫌われてたり、無理解だったりに晒されてて、そういうのに触れるとやっぱり『なにを!お前らはまだ何も分かってない……だが、それも無理からぬ話……何故なら、俺たちが黙っていたからか?……じゃあ言って聴かせてみせましょう』っていう気持ちが強まるっていうのもあると思う」——宇多丸

 

■トラックの話に戻すと、外部トラック・メイカー・メインになったことで具体的にどんな効果をRHYMESTERにもたらしたと思いますか?
D「単純に言うと楽曲のクオリティを押し上げてくれたと思う。それはトップ・クラスの人たちが作ってるトラックだから、っていうのもあるけど、俺がラッパーに徹せられたっていうのも大きい。結構アルバムのトラックを作りながらラップを書くっていうのはハードな作業なんだ。今までのRHYMESTERに足りなかったキラキラした感じも出てると思うし、時代性というか、例えば俺が今、今っぽい感じでトラックを作ったらちょっと嘘くさく聴こえてしまうかもしれないけど、他人の作ってくれた音で演るのはやぶさかではないし」

■“ONCE AGAIN”がリリースされた段階でアルバムが外部トラック・メイカー・メインになると訊いたとき、偉そうで恐縮ですが僕も良いアイディアだと思ったんです。セルフ・コンテインドなグループはそれはそれで良さがあるんだけど、自身の音楽性や時代性に対する客観的な視点が年を経るとどうしても薄れていってしまうと思うんです。RHYMESTERに関しては、例えばJINさんが今でも現役のクラブDJというところで、音楽的な意味での時代性との距離感がそういったグループの中では近い方だったとは思うのですが、そういったバランスのギリギリなところが「HEAT ISLAND」だったとも思うんですよね。だから、このタイミングである種割り切ってこういう判断に至ったというのは大英断だったんじゃないのかな、って。
D「正しくその通りだ(笑)!正直、自分のトラック・メイキングに関しては限界を感じている部分があるんだ。今、自分が更にワンランク上のものを目指す上での目標形はなんとなくあるんだけど、Mr. DRUNKとしてまだそこまで明確には固まってない。『HEAT ISLAND』ではやり切ったし、あのときはマボロシの1stアルバムが出た後だったから、そのときに掴んだ客層を意識して作ったりしたけど、前作までの態勢での限界は感じたりもした。そこはやっぱりジャッジを厳しくしてるから、伊藤がハラハラしてくれなくてもちゃんと判断するよ(笑)。良い判断だったというか、必然だよね」
「あと、出来上がってからの反応込みだと思うんだけど、HIP HOPシーンの水脈とちゃんと自分たちが繋がっていて、改めてその水脈を太く繋げられたというか。そこを目指していたわけじゃないけど、やっぱりHIP HOPの中のひとつの枝としての俺らであり、逆にHIP HOPシーン側も、RHYMESTERとそこが繋がってることをもう一回確認してくれたっていう効果が図らずもあったんじゃないかな、っていうことをすごい感じるね」

■先程Dさんが、時代性を取り込むために外部トラック・メイカーを招いた的なことを仰ってましたし、実際このアルバムは2010年産のHIP HOPアルバムだと思う一方、予想以上にオーセンティック、乱暴に言うとミドル・スクール志向なビートで固めてきたな、とも思いました。
D「それは……自分たちの好みだよね(笑)」
「いくら200個ある中から選んでも、俺らが選んでるから、より俺ら臭くなる。逆に、自分たちだけで作ってるときはRHYMESTERらしさから意図的に離れようとすることもあったかもしれないけど、俺たちが選ぶとスゲェ好みがハッキリ出るというところはあると思う」
D「ただ、JAY-Zの『BLUEPRINT 3』とかさ、ネタ感強いトラックを使っていたとしても、今の時代を写してないか?って言われたら写してると思うし、(『マニフェスト』に関しても)ネタ感強いトラックでもみんなアップデートして“今”を入れてくれてるから、躊躇しないでそういうトラックを選べたね」

■この形はこれですごく納得がいくし、アルバムのクオリティの高さとクラシック感に反映されていると思うんですが、一方でせっかく外部の風を入れるなら、分かりやすく斬新な音/斬新なアプローチをRHYMESTERのフィルターに通したらどんな化学反応になるのか、というものも聴いてみたかったな、という思いもあるんですよね。
D「なるほどね。今回に関しては、喜怒哀楽とかワビサビを入れたかったから、やっぱり『ヴァースの時代のHIP HOP』の音を選んじゃうかなー」

■「ヴァースの時代のHIP HOP」とは良い表現ですね(笑)。
D「だって今は完全に『フックの時代』じゃん。やっぱ俺らは『ヴァース売り』だしね……。確かにそういう(今っぽい)トラックもあったんだ。BLのトラックももっと攻撃的な今っぽいトラックもあったし、後はSKY BEATSとかのトラックも聴いたんだけど、今回に関してはそこじゃなかったのかな、って。でも、BLが作った“ミスターミステイク”とかは新しいことに挑戦してるつもりなんだけど、ラップが古臭いから古臭く聴こえちゃうのかな……(笑)」

■古臭いとは一言も言ってないです。
「まあ、今回はシンプル/ストレートに伝えるっていうのがあるから、ビートの面白さが立ち過ぎてるようなのではなく、というのは大筋としてはあったよね。だけど、MONKEY SEQUENCE19のトラック(“ライカライカ”)とかで一応そういう方面に色目は使いつつ(笑)」

 

■今までのRHYMESTERとは違うRHYMESTER像を外部に引き出してもらうというよりは、これまでのRHYMESTER像を強化する方向になってますよね。
D「そういう曲の方が多いかな。俺らも作りながら『結局俺らがラップするとRHYMESTERになっちゃうんだね』なんて言いながら作ってたからね。ギョギョッとするようなのは“ライカライカ”ぐらいかね。まあ、トラック・メイカーの人選はある意味で保守的だしね」

■ボーナス・トラックの“ONCE AGAIN REMIX”はDABO/TWIGY/ZEEBRAの3氏を招いたヴァージョンですが、僕からするとこういう仕掛けをRHYMESTERがしてきたこと自体が驚きで。少なくとも「リスペクト」を出して以降のRHYMESTERはこういう仕掛けをアルバムに用意してきたグループじゃなかったと思うんですよ。
D「実はこの曲はボーナス・トラックとして入れようとしていたんじゃないんだよね。当初は“ONCE AGAIN”の次のシングルが出るんならそのカップリングに入れようとか、それぐらいな感じで考えてたんだ。“ONCE AGAIN”を盛り上げるためにこれは良いアイディアだとということで、だったら今まで敢えて避けてきた最強のカードを使っちゃおう、と。“ラストヴァース”で終わってるものの後に何か野暮なモノが入ってたら、アルバムのクラシック度が下がっちゃうかも、と思ったけど、出来上がったリミックスが良くて、並べて聴いてみたときにすごく説得力があった。アルバムは俺らの“ONCE AGAIN”から始まって、それ以外の曲でも特にHIP HOPなタームや限定するようなことは歌ってないけど、最後にHIP HOP的解釈でバッチリと三者三様で言ってくれたから、逆にアルバムが締まるんじゃないかな、って思ったんだ」

■元々“ONCE AGAIN”は洗練さや普遍性だったり、冷徹なまでに推敲を重ねてパーフェクトなものを目指したと思うのですが、そういうアプローチとリミックス・ヴァージョンはある意味真逆じゃないですか。他人にヴァースを委ねるという時点で仕上がりは彼ら次第になるし、オリジナル・ヴァージョンが外に向けたものだったとしたらリミックスは完全に“内”に向けた内容ですよね。DABOさんのリリックなんて、完全にRHYMESTERへの私信だし(笑)。こういうリミックスを作ることによって“ONCE AGAIN”が元々持っていた意味が変わってしまうということは考えなかったですか?
「それは、正に“ONCE AGAIN”が普遍的なものを歌っていて、尚かつそれが成功してクラシックとして確立したという確信があったからこそ、フリー文化として開放したってことだよ。コレが微妙な浸透度の曲だったら原曲の意味が完全に消されるようなことになったかもしれないけど」

■オリジナルのコンセプトが揺らがないという自信があったからこそなんですね。
「この3人のラップの視点は同じところで競合してないというか、アプローチが全然違うよね。オリジナル・ヴァージョンは“ONCE AGAIN”というコンセプトの雛形であって、そこから先どう解釈してもらっても構わないっていうぐらいにオリジナル・ヴァージョンが強く出来たから、正に普遍性ありきの企画ですよ。それぐらいの余裕が“ONCE AGAIN”にはある」

■「リスペクト」以降のRHYMESTERは、度々「日本語ラップ・シーンから自由になろうとしている」という風に言われることが多かったし、実際窮屈さを感じていたこともあったと思うのですが、一方で今作からは過去数作以上にそこ(日本語ラップ・シーン)と向き合おうとしている姿も感じ取れるんですね。それって、自分たちの辿ってきた道の確かさを確認するために敢えてそこに立ち返っているんですか?
D「これは難しい話だなー……基本的に、確かに『シーンにだけ向いていてはダメだ』っていう危機感やスタンスがRHYMESTERに関してあるのは確か。でも、ソッポを向いたことも実は一度もないという風にも思ってる。時期的にはそのバランスの比重は変わってくると思うけど、例えば『リスペクト』を出して、『ウワサの真相』から『HEAT ISLAND』の間に俺らが向き合わなきゃいけない/超えなきゃいけなかったハードルがあったし、そういうことから『RHYMESTERは自由になろうとしてるんじゃないか』とか思われてたかもしれないね」
「敢えて言うなら、休止期間があってもう一回RHYMESTERをやる=日本のHIP HOPをやるっていうことである、ってことだと思うけどね。RHYMESTERから離れてHIP HOPシーンの外側でやってきたものを(RHYMESTERに)持ち帰った際、『何故HIP HOPだったのか』『何故RHYMESTERなのか』『何故日本語ラップなのか』ということを考える局面が多々あるんだ。前から言ってるように、やっぱりHIP HOPはまだまだ嫌われてたり、無理解だったりに晒されてて、そういうのに触れるとやっぱり『なにを!お前らはまだ何も分かってない……だが、それも無理からぬ話……何故なら、俺たちが黙っていたからか?……じゃあ言って聴かせてみせましょう』っていう気持ちが強まるっていうのもあると思う」

■辿ってきた道やスタイルは違えど、僕はRHYMESTERのスタンスって般若君のスタンスに近いと思ってて。あの人の音楽性のベースにあるのって、“コンプレックス”とシーンや自分自身に対する“危機感”なんですよね。で、その般若君が以前インタビューで「俺はまずここ(HIP HOPシーン)を出なきゃいけない。ただ出るんじゃなくて、持って出て行かなくちゃいけないと思ってる。俺はHIP HOPの全部を否定してるわけじゃなくて、『俺たちはこんなにスゲェんだ』っていうのを分からしてやりたいんだよね」って言っていて、この発言と近いものを「マニフェスト」に感じたんです。このアルバムも、普遍性や外に向けてっていう要素も大前提として今持ってるHIP HOP的メソッドを全開で出すということに意味があるっていう。
D「うん、そうだよ。それが使命だと思ってるって言ったらカッコ良すぎかもしれないけど。シーンに対しては恩返しというか、貢献していきたいと思ってるけど、俺らがやらなきゃいけないことは、俺らの知り得た外側の世界とHIP HOPを繋ぐというか。で、外に向けてクオリティの高いものを出すことによって繋げていく。要するに背中でしか語れないと思ってるんだ。そのときに『なんでこっち振り向いてくんねぇんだ』って思う人もいるかもしれないけど、そこは覚悟決めてやってる」

 

■かつてはその名もズバリな「グレイゾーン」というアルバムを出したRHYMESTERですけど、今の自分たちとシーンとの距離感についてどのように考えていますか?
「さっき話したHIP HOPの水脈の話にも繋がるんだけど、意外とHIP HOPシーンはRHYMESTERのことを好きだったっていう(一同笑)。もちろん嫌われてたとは思ってなかったけど『あ、そんな?』っていう。もちろん、いきなりMCバトルに出て体張ります!ってタイプじゃないけど、やっぱり俺たちなりのやり方はこれはこれでいまだに支持されているな、っていう、そういう感じの距離感?若手に交じってサイファーとかはやらないかもしれないけど、俺らはやるべきことをやってるっていうことが認められてるってことじゃないの?って」
D「ぶっちゃけ、こういうスタンスだからこそ自信がない時期もあったよ。『現場から離れすぎてるんじゃないか?』とか、『今のRHYMESTERのスタンスには納得できない層もあるだろうな』とかさ。例えば『A+』みたいなイヴェントに誘われるのとか嬉しかったしさ」
「嬉しかったしさ、アレはアウェイだったかもしれないし、RHYMESTER嫌いがいるとしたらそいつらに見せつける絶好のチャンスだと思ってたし、闘いだとも思ってた。昨年はそういうことも含めて俺たちはシーンの一部でもあるな、っていうことを再確認できた一年でもあって。ちゃんとシーン……ちゃんとHIP HOPだったっていう」

■これは決してネガティヴな意味じゃないんですけど、HIP HOPアーティストって洋邦問わず、ヴェテランと呼べれる時期に差し掛かると意識的にせよ無意識的にせよ、自身のポジションの確立という方向に向かう傾向にあるんです。例えばUSで言うとJAY-Zの「BLUEPRINT 3」がそうで。“D.O.A.”や“EMPIRE STATE OF MIND”といった曲を作ることによって自身の居場所を作ってると思うんですね。で、RHYMESTERの今作に関して言うと、意識的じゃなかったかもしれないですが、かつて「グレイゾーン」と呼ばれていた自分たちのHIP HOP観を明確にすることによって自分たちのスタンスを盤石なものにするという意思を僕は感じ取ったんです。
J「ハハハハ」
「ま、そうなのかもよ」
D「そうなのかなぁ……でも、次はどうなるか分からないよ?取り敢えず、次取り掛かろうとしてる曲とか大変なことになってるし。盤石ねぇ……まあ、確かに安定感の強いアルバムになったことは否めないけど」
「まあ、でもHIP HOPマップだったりHIP HOPヒストリーの中でRHYMESTERはこうだ!っていうのを再定義したわけだから、より分かりやすく立ち位置を表わしたアルバムだよね。それを“保身”と言われると……」

■保身とは言ってないでしょ(笑)。でも、RHYMESTERがこれから末長く活動するためにはこのアプローチは生存競争を勝ち抜く上で必要なプロセスだったと思いますよ。
D「まあ、でも結構危ないかもな……だって俺、まだ変なことやると思う」
「『RHYMESTERの振り子原理』で言うとさ、今回は全面的にみんなの期待を裏切らずに応えたっていうこと自体が振り子だったんじゃないかな?って。『RHYMESTERがストレートに俺たちの聴きたいRHYMESTERをやったなんて!』って喜んでるんだとしたら、これもまた振り子だったんじゃないか、って。だから、騙されるなよ!って(笑)」
D「なんとなく、まだそんな落ち着かないと思うな。まだ完全に確立してないと思うし」

■行ったり来たり大変ですね(笑)。じゃあ最後に、4年振りにガッツリ3人で制作をして改めて感じたお互いの魅力を語って頂きたいのですが。
D「今回は俺が宇多さんのラップをプロデュースする立場でもあったわけだから、制作始めた頃に二人で呑んだときに『俺はアンタのラップのここが良いと思う』ってことを 話したんだ。やっぱ宇多さんの厳しさや言葉の強さというか、宇多さんはやっぱ文句言ってるときがカッコ良いよね。あと、これは意外かもしれないけど、宇多さんは俺よりポエティックなんですよ、実は。あと、マボロシのときは一人でヴァース書いてサビ仕上げたりとかやってたけど、やっぱRHYMESTERの二人でユニゾンしたときの強さというか、お互いの補完の仕方はすごいな、って」
「Dのヴォーカリストとしての声やフロウの豊かさは皆さんご存知の通りで、それは大前提なんだけど、やっぱり音楽的なアイディアや引き出しの豊富さとか、『よくこんなこと思いつくね』っていう。今回はDの持ってる“サビ力”は本当にスゲェな、って。アイディアの豊富さと、それを数限りなく出してくる……まあ、頑張ってるんだろうけど、それを出してくるスタミナ。あと、OKラインの高さや厳しさだよね。『普通、ここはめんどくさくなっちゃいそうなもんだけど』っていうところの追い込み方とか。それがやっぱりRHYMESTERのクオリティ・コントロールに繋がってるのは間違いないと思う……」
J「RHYMESTERのラップの良さって、着眼点とか見方の角度が新しいっていうのがすごい武器だな、と思ってて。大きい言い方でつまんなくなっちゃうかもしれないけど、人生がちょっと楽しくなる見方を教えてくれるっていうか。世の中を過ごしていく上での新しい処世術が加わる。そこがたまらんモノがあるっていうね(笑)。それが一人でも多くのリスナーに届いたらいいな、って常々思ってるね」


LIVE INFO
KING OF STAGE VOL.8
〜マニフェストRELEASE TOUR 2010〜
 
日時:4月23日(金)18:00開場/19:00開演
場所:札幌ZEPP SAPPORO(北海道)
料金:前売り 4,200円(ドリンク代別)
(問)ウエス:011-614-9999

日時:4月25日(日)18:00開場/19:00開演
場所:名古屋ZEPP NAGOYA(愛知県)
料金:前売り 4,200円(ドリンク代別)
(問)サンデーフォーク:052-320-9100

日時:4月28日(水)18:00開場/19:00開演
場所:大阪ZEPP OSAKA(大阪府)
料金:前売り 4,200円(ドリンク代別)
(問)夢番地大阪:06-6341-3525

日時:5月7日(金)18:00開場/19:00開演
場所:東京ZEPP TOKYO
料金:前売り 4,200円(ドリンク代別)
(問)HOT STUFF:03-5720-9999

総合問い合わせ:チッタワークス 044-276-8841
 
 
 
 

Pickup Disc

TITLE : マニフェスト
ARTIST : RHYMESTER
LABEL : NEOSITE DISCS/KSCL-1546(初回生産盤)
PRICE : 3,200円(初回生産盤)
RELEASE DATE : 2月3日