INTERVIEW[インタビュー] RSS

VERBAL

インタビュー:伊藤雄介(Amebreak)

「『自分の中でフレッシュでカッコ良ければそれでいいんだ!』――っていう考えが最終的に出て来て。ポップか否かとか、リアルかフェイクかとか、そういう判断が出来ないくらい突拍子のないものを作ろう、って思うようになったんです。僕が見てる“ヴィジョン”がある上で現実がこうなら、僕の“ヴィジョン”を今実現することによって(現実を)もっと楽しくしていきたい……そういう思いを込めて『VISIONAIR』っていうタイトルにしました」

 VERBALというMCについて考える際、m-floやTERIYAKI BOYZ®の一員という、ポップ・フィールド最頂点でのアーティスト活動やセレブな日常にどうしても目が行きがちなのは致し方ないところだろう。だが、彼が自ら監督を務めたドキュメンタリー『DEAD NOISE』や、彼自身が“標的”とされた“TERIYAKI BEEF”に関連する一連の発言からは、彼の中には彼なりのHIP HOPロジックが存在していて、その上に現在のスタンスが成り立っているということが分かる。そして、そういったスタンスはこれまでのミュージシャン活動の範疇ではなかなかフォーカスされなかった部分であっただろう。

 そういう意味では、彼のキャリア初となるソロ・アルバム「VISIONAIR」のリリースは、改めて彼の“B・ボーイ”としてのスタンスを問う絶好の機会と言えるのではないだろうか。Amebreak的にもこの好機は逃すまい、と恐らく一般媒体ではほとんど訊かれないであろうVERBALの“HIP HOP観”に関する質問に多くの時間を割いてみたが、最後の最後で意外(?)な回答が飛び出したりと、かなり興味深い内容になったと思う。


■ここ2〜3年の活動を振り返ってみると、TERIYAKI BOYZ®の「SERIOUS JAPANESE」以降、レコーディング・アーティストとしての活動はそこまで活発じゃなかったですよね?
「そうですね。去年とかは裏方の仕事が多かったので、音楽的な仕事はプロデュース業やフィーチャリングぐらいでしたね。TERIYAKI BOYZ®の『SERIOUS JAPANESE』を出した頃はm-floとしての活動もそれほどしていなかったし、どちらかというと自分のブランド(AMBUSH®)やDJをよくやっていました」

■DJ活動がミュージシャンとしてのVERBALさんにフィードバックを与えたものはありますか?
「m-floとして活動を始めた頃って『歌詞を如何にリリカルに書くか』っていうところを強く意識してて。それこそnujabesとL-UNIVERSEっていう別名義で活動してた頃とかは、そういうアングルでリリックを書いていたんです。昔はCOMPANY FLOWとかKOOL KEITHとかばっか聴いてて、そういう世界観で書いていたけど、DJを始めて『え?1行しか言ってないような曲でもこんなに盛り上がるんだ』っていう状況を目の辺りにして。家で聴く音楽と人を(フロアで)ロックする音楽は違うな、って改めて痛感しました。前はもうちょっとフォーカスが狭かったけど、どういう言葉でどういう歌い方にすれば人の耳に飛び込んでくるか、っていうことはDJを始めてからもっと考えるようになったかもしれないです」

■TERIYAKI BOYZ®以降、よりくだけたアプローチのラップが目立つというか、より“機能的”なラップが増えてきたように感じます。
「僕の音楽に対する考え方が変わってきた、っていう進化の過程がその時期に反映されてたっていうのはあるかもしれないですね。デビューした当時って『音楽業界に対してこういうことをしたい!ラッパーとしてこうありたい!』っていう、すごい理想があったんですけど、その理想と現実のギャップがあまりにもありすぎて。僕が思い描いていたHIP HOPと違う、自分がウケてほしいと思うものがウケない。自分と関係ないところばっかりピックアップされたりとか、そういう歯痒い感じ……自分がラッパーとしてピックアップしてほしいポイントがまったくピックアップされてない感じっていうのをずっと感じてて。m-floの2ndを出した辺りに他のアーティストのプロデュースを始めて変わった部分が多くて、プロデュース業を通して音楽業界の仕組みが分かってきたりとか、ビジネスの重要性を理解してきたんです。その後、TERIYAKI BOYZ®のレコーディングを通して、初めて同じグループで日本のラッパーたちと共同作業で曲を作って学んだこともすごく大きくて、アメリカのラッパーと曲を作るときとまったくツボが違うことを知りました。そしてその後、“TERIYAKI BEEF”の一件もあったりして『日本のリスナーはこういう風に反応するんだ』っていうのを感じたりしてまた自分の考え方が変わって。で、今回このアルバムを出すにあたって、今までm-floやTERIYAKI BOYZ®では他力本願的に他のメンバーに頼れる部分もあったけど、今回は自分で全部やらなければいけないということで、またフォーカスする部分が違ってきてラッパーとして更に変わったと思います」

■初のソロ・アルバムをこのタイミングで制作した理由は?
「TERIYAKI BOYZ®の制作をやっていた頃、海外勢とのやり取りをしていたんですけど、その頃からJERMAINE DUPRIやPHARRELLから『なんでソロやらないの?』ってずっと言われてて。海外勢の中でも特にJERMAINEとはよくやり取りしてて、『じゃあこんな曲どう?』みたいに、実際に曲を送ってくるようになったんです。だけど、送って来る曲が結構ゴリゴリな感じのが多かったり、『こういうのだったら日本でも作れる人はいるし』っていうのばかりだったので、『どうせやるなら新しいことやりたい』って伝えたら、超カッコ良いトラックを送ってきてくれたんです。そんなやり取りをしているときに、彼から『ちなみに今隣のスタジオにLil Wayneが来てるんだけど、すごくねぇ?』ってメールが来て(笑)。訊くのはタダだから『ちなみに、彼と一緒に曲作れたりするかな?』って伝えたら彼が本人に訊いてくれて。そしたら翌日にLil Wayneのラップが乗って返ってきて、それが“BLACK OUT”になったんです。『こんな曲が出来たらもうソロ作るしかないな』って思ったのがソロ・アルバムを作ることになったきっかけかもしれないですね。その流れでNicki Minajにも参加してもらうことになったりして、そんなスピーディなやり取りから僕も頑張らないと、ってケツ叩かれて。制作自体は最後の1ヶ月で一気に作った感じですけど、構想自体は1年半くらい前から考えてました」

■アルバム・タイトル「VISIONAIR」に込めた意味は?
「ソロ・アルバムを作るにあたって一番悩んだのは、自分はどういう風にラップしたらいいかとかHIP HOP自体も詳しいと思っているけど、そういった部分とは違う部分がフォーカスされてる自分もいるという点で。ポップ・フィールドにいると、どうしても自分の歌詞の内容とかそういった部分にはなかなか触れられないから、僕も薄っぺらい質問に対しては薄っぺらいモードで返すようになっちゃってて(笑)、多重人格じゃないけど、そういう部分でジレンマを感じることが多かったんです。ソロを作るにあたっても『売れるアルバムを作らなくちゃ』っていう自分と『売れなくても何か一石を投じるようなアルバムにしなくちゃ』っていう自分との葛藤があって。僕はいつも自分のラップで『理想と現実のギャップから生じるフラストレーション』について歌っているんです。HIP HOPに関して言うと『なんでもっとこうすればいいのにこんなことでいがみあってるの?』って思ったりとか、ポップ・フィールドだと『シンプルに考えればもっと面白いことが出来るのになんで契約内容をそんなにめんどくさくするんだろう?』とか。で、さっきの葛藤の話に戻ると、その両面とは別の考え方――『自分の中でフレッシュでカッコ良ければそれでいいんだ!』――っていう考えが最終的に出て来て。ポップか否かとか、リアルかフェイクかとか、そういう判断が出来ないくらい突拍子のないものを作ろう、って思うようになったんです。僕が見てる“ヴィジョン”がある上で現実がこうなら、僕の“ヴィジョン”を今実現することによって(現実を)もっと楽しくしていきたい……そういう思いを込めて『VISIONAIR』っていうタイトルにしました」

■何が良いか悪いか、そういった物言いを超越したフレッシュさを実現しようとしたんですね。
「大沢伸一さんのトラックもいつも最先端でカッコ良いし、SWIZZ BEATZのトラックだって、彼は今までああいう曲調のトラックを作ってなかったと思うんですけど、でもそのビートの上にJAY-Zの声ネタが乗ってる、みたいな。オールドとニューが混在している感じ……自分の中のフレッシュさって、ポップ感ももちろん大事なんですけど、一方でグライミーでアングラなところもHIP HOPのカッコ良さだと思ってるんです。かたやルンルンでかたやアングラな側面が自分の中で混在しているので、その両要素をどう上手く表現できるかが今作のテーマでした」

■それはなかなかハードルの高いテーマだったんじゃないですか?
「でも、KANYE WESTとかはそれが出来てると思うんです。彼はすごく良いヤツなんだけど、すごく勘違いされやすい人で、自分の理想が高いのに周りでいろいろ言ってくるからそういうのを突き放そうとしたら、『コイツ嫌なヤツ!』って思われちゃうっていう。でも、文句言っててもしょうがないからそういうフラストレーションを曲にぶつけてると思うんですよね。いろんな要素が混在していて、査定しづらいんだけどそれがすごくカッコ良い、みたいな。僕は音楽だけじゃなくてアートでもそういうスタイルが好きなんです」

■最初にアルバムの情報が告知されたとき、やはり一番人々の目を惹いたのは豪華な海外勢の参加だと思いますけど、起用のポイントは?
「ホントにみんな流れで決まっていった感じで。実はこのアルバムに入ってない曲でも他に海外/国内のアーティストと一緒に作った曲があるんですけど、アルバムのコンセプトにハマらなかったので入れなかったんです。このアルバムに入ってる人で狙って起用した人は誰もいないですね。Lil WayneだってたまたまJERMAINE DUPRIの作業している隣のスタジオにいたから実現した話だし。Nickiとの曲を作ったときはまだブレイクする前ですからね。ちなみにJERMAINEは、ギャル並みにメル友で(笑)、『こんな音源作ったからDJで日本人が反応するか確かめたいからかけてくれない?』って曲送ってくれたり、すごいマメな人なんですよね」

■あまりに豪華なためどうしても海外勢に目が行きがちになってしまいますが、制作陣の多くはVERBALさん主宰のKOZM®所属のトラック・メイカーたちですよね。今作ではKOZM®のお披露目的な意味合いも含まれているんですか?
「実は、海外勢との曲だけでもアルバム一枚できるくらい曲数はあったんですけど、今の僕のフィーリングを一番表現してくれたのがKOZM®の人たちだったんです。そもそも、僕がカッコ良いと思う人たちだからKOZM®で契約したわけですしね。海外のトラックだから良いってわけじゃないですし、僕のそのときの気持ちを一番よく引き出してくれる曲っていう基準で選んでいったのが彼らの曲だったんです」

■KOZM®とはどういう集団なんですか?
「『もっと日本ってこういうシステムだったらいいのに』って思うことが日本のマネージメント・システムに関して色々思うことがあって。契約に関して言うと結構“抱え込み”的なものが多くて、若い人たちはそういうシステムに合わないからアングラで活動することになっちゃう。でも、大きい仕事をしたい人はそういうマネージメントを付けないとどうしても出来ない。じゃあアメリカのマネージメント・システムと日本のマネージメント・システムを混在させたエージェンシーを始めたらどうだろう、って思って立ち上げたのがKOZM®ですね。所属してる人たちはみんな異端児というか、ある意味どこにも属せない感じの人たちだから、そういう人たちを上手く集約して各々の良さを引き出すプログラムをKOZM®で作ってるつもりです」

■今作は所謂“J・ポップ”的なサウンドとは距離を置いた、かなり攻めた音楽性になっていると感じました。
「自分の中で何がフレッシュかという“フレッシュ・バロメーター”っていうのがあって、例えばm-floは☆Takuとしか出来ない音楽だからそれをマネするのはフレッシュじゃないし、TERIYAKI BOYZ®はあのメンバーでワイワイしてる中で生まれる空間をそのまま音楽に表わしていて、それをソロでやるのもフレッシュじゃない。今作は、“対自分”ってなったときに最もフレッシュだと感じたのがこの音だったんです。自分がDJしてるときに『こういう曲をかけたい』って思う音を作ったつもりだし、実際DJでラフ・ミックスの音源をかけてみて、『違うな』と思ったらスタジオに戻って手直ししたりとか。セルフ・カスタムというか、自分の普段の動きっぽい音を作りたかったんです」

■ゲスト陣のクレジットを見ると、現行のUS HIP HOP的なサウンドをイメージする人も多いと思うのですが、決してそういう音にはなってないですよね。
「以前BUSY Pと話したときに『ED BANGERのどういった部分が面白がられてると思う?』って訊いたことがあって。そしたら彼は『やっぱ“ギャップ”じゃないかな?俺は髪も長いしヒゲも生えてるからMETALLICAのT・シャツ着たらそのまんまアメリカのレッドネックみたいな感じだけど、こんな俺がHIP HOPのグラフィティT・シャツ着てたらバカっぽくて面白いだろ?』って答えてきて、確かにそうだな、と思ったことがあるんです。“BLACK OUT”とかも、エレクトロとも何とも言えないトラックにLil Wayneが乗ってて、しかもフックで安室ちゃんが歌ってるっていう、そういうギャップを狙ったし、『VERBALどうせラップしてるんだろうな』って思わせといて“NOTHING”では歌ってたり、みたいな。そういうビックリ箱みたいな感覚がフレッシュだと思ったんです」

■じゃあ、VERBALさんが作る音楽はある種サプライズというか、“驚き”というのは要素として結構重要ということでしょうか?
「近年ファッションの仕事とかブランドとかやってて勉強になったのは、日本人ってすごく“視覚的”なんだな、っていうことで。だから日本のファッションはどんどん新しいものが出て来るし、世界に注目されてると思うんですけど、なんで音楽はずっと同じなんだろう、って。音楽自体が遅れてるっていうより、システムが遅れてるというか。そんな中で、ハッとするような音を発表していくっていうのは意味があるな、って」

■型破りであることがフレッシュ=HIP HOPだ、というのがVERBALさんのHIP HOP哲学だと解釈していいでしょうか?
「HIP HOPってライフスタイルだと思ってるんです。切羽詰まったときに“出口“を提案してくれるのがHIP HOPだと思ってて、それこそNYの貧困街でギャング活動をしないで音楽活動をしたら面白いじゃん、っていう発想もひとつの“出口“だし、P.DIDDYがUPTOWN RECORDSのA&Rをクビになったときに『俺ダメなのかー』って落ち込まないで、自分でBAD BOY RECORDSを興したのも“出口”。日本においてはアメリカとやり方は違うかもしれないけど、何においても型を破って新しいなにかを切り開くっていうのがHIP HOPのスピリットだと思うんです」

■ただ、“I WANT IT ALL”でも歌っていますが、活動しているフィールドが、他の大部分の国内HIP HOPアーティストとは違う場所にいるだけに、どうしても別物扱いされがちだという点はご自身も認識されていると思いますけど、そういった状況に対してはどう思いますか?
「日本のHIP HOPは“もったいない”と思うんです。僕が日本語ラップで一番“刺さった”時期が『さんピンCAMP』の時代なんですけど、あの頃にもうちょっとやり方を考えてやってたら、もっと多くのHIP HOPアーティストたちがオリコンの上位にいながらやりたい放題やれたと思うんです。なのに、いつしか閉鎖的になりすぎちゃって、結局、別にHIP HOPが好きじゃない人がHIP HOP風なものを作ってそういう人たちがオリコンで上位に入っちゃったから、取り残されてしまったジャンルに感じられて、それがすごくもったいなく思うんです。本来は濃度が高くて面白い人たちが分かりやすく一般にエデュケートしつつ、(シーン内で)お互いでやるときは濃いことをやるみたいな、そういう上手い使い分けが出来ればもっといろいろ出来たのに、っていう気持ちでいつもいっぱいです。もちろん今でも上手くやってる人はいますよ。例えばKREVA君とかは分かってますよね。彼の活動を見てると気持ちいいです。でもアングラはアングラで固まりすぎててもったいないというか。面白くて素晴らしい人たちの固まりだと思うんですよ、日本語ラップ・シーンって。ただ、ちょっと頑なだからもうちょっと考え方を柔らかくしたらいいのにな、って」

■ここ数年でいわゆる“コアな”日本語ラップ・シーンとVERBALさんが最も接近したのが、あの“TERIYAKI BEEF”騒動ですよね。
「“SERIOUS JAPANESE”って曲を作ってるときに、みんなSEEDA君のファンだから彼の曲をみんなで聴いてたんですよ。僕らはこれまでもいろんなアーティストのラインを引用させてもらってるんですけど、SEEDA君のラインも僕ら的には良い意味で引用させてもらったつもりなんです。今だから言えるけど、彼らも『これに乗っかったら俺たちも今より名を上げられる』と思ってた部分があると思うんですけど、日本ってまだみんなビーフに慣れてないから結構本気にしちゃった人も多くて、SEEDA君たちが思っていた以上に大事になっちゃったと思うんです。僕はちょうどそのときNYにいて、(共通の知り合いの)L-VOKALからその話を訊いたんで『そんなつもりはないから、違うよって伝えといて』って言ったらそれをSEEDA君が『なんで直接言ってくれないんだ』っていう風に受け取っちゃって……あのときも言ったんですけど、ビーフって何かの“結果”になれば素晴らしいと思うんですよ。50 CENTだって、バジェットがなかった頃のプロモーション手段だったのがエスカレートして今に至るっていう感じで、彼こそハイパー・メディア・クリエイターですよね(笑)。SEEDA君がどういう思いであの一件を仕掛けたのか僕には分からないけど、僕に関して言うとビジネスにならないと何も意味がないと思っているから、そこの意見のぶつかりあいだったのかな、って。アメリカはビーフとかヴァイオレンスなものが産業として成立している国じゃないですか。でも、日本はそうじゃなくて、美学としてヴァイオレンスを打ち出す国じゃないから、日本ではビーフは根付かないと(“TERIYAKI BEEF”以前から)思っていたことなんです」

■先ほど「なんでアメリカではこうなのに日本では同じように出来ないんだろう」というジレンマについて話してもらいましたけど、ビーフのような、アメリカでは普通に出来ていることでも日本では出来ないこともあるな、っていう一種割り切っている部分もあるということですよね。
「それは全然ありますね。例えば建物の設計図に例えると、NY市で建てられる建物の設計図を日本に持って来て『この建物最高だから渋谷にも建てたい』って言っても無理じゃないですか。日本は日本で建物の規制があるわけだし。それと一緒で『アメリカでやってるから日本でも』って言っても言葉も文化も考え方も違うわけじゃないですか。東京にいると『とんがったことやってると良い』っていう錯覚に陥りがちだと思いますけどね。もっと日本のそういった側面を考慮した上でHIP HOPを定着させる努力をみんなしていかなくちゃいけないんじゃないか、と僕は思います。僕の中ではHIP HOPって『上がっていくもの』なんです。アメリカで言うと、プロジェクトに住んでる貧困層の人にとっての“出口”ってラップかバスケぐらいだから、『そういう状況からHIP HOPを使って上がっていこう』ってなるけど、日本は普通にお金を持ってるのに悪ぶっちゃうみたいな……HIP HOPって今の自分よりでっかくなっていくべきもので、下に下がっていくものじゃないと思うんです。僕は貧しい環境で育ったわけではないからこういう考え方になるのかもしれないけど、日本にはもっと違う、もっとデカいリアリティがある筈」

■ところで、最近の日本語ラップはチェックしてますか?
「そんなに一杯、ってわけじゃないけど結構聴いてますよ」

■最近気になった人は?
「富山にT-CITY BOYZっているじゃないですか」

■……え!?“HEAT TECH T”の?
「YOUNG HASTLE君の“V-NECK T”も好きなんですけど、彼のアメリカンなスタイルとは打って変わって、T-CITY BOYZはそれを逆手に取って“HEAT TECH T”ってしたのがすごく日本的で面白いし、入り込めました。そういうのってすごくHIP HOP的だし、ある意味正しいと思うんです。昔RUN DMCが“CHRISTMAST IN HOLLIS”で“It's christmas time in Hollis Queens”ってラップしたときに『ホリスってどこだよ!?』って気になったのと同じくらい、今富山が気になってます(笑)」

■さっき出たHIP HOPにおける“驚き”を彼らに感じたわけですね。
「そうですね。彼らによって富山という街がすごく気になるし、そうさせるのってすごくエネルギッシュなことだと思うんです」

■まさか最後にT-CITY BOYZが出て来るとは思いませんでした(笑)。
 
 
 
 

Pickup Disc

TITLE : VISIONAIR
ARTIST : VERBAL
LABEL : RHYTHM ZONE/RZCD-46858
PRICE : 3,059円
RELEASE DATE : 3月16日