日本を代表するHIPHOPサイト! Amebreak[アメブレイク]
  • INTERVIEW
  • KNOWLEDGE
  • NEWS / REPORT
  • COLUMN
  • RECOMMEND
  • MEDIA
INTERVIEW[インタビュー] RSS

ISSUGI & DJ SCRATCH NICE

インタビュー:伊藤雄介(Amebreak)

「ノリって、多分ひとりでやってても作れないんですよね。まあ、ひとりでやってるノリは出るのかもしれないけど、HIP HOPっていち個人だけのノリを示すモノじゃないと思うんで。いろんな人と曲を作ってるとき、曲を作るという行為自体がそいつ(共作相手)と一緒にいるときの空気とかになってるってだけだな、ってシンプルに感じてきてて」--ISSUGI

 「マジなDJは循環させる瞬間/空気が変わるのも感じてきたしな/静けさが合う爆音の中/企むNEXT GAMEはXXLなWORLD」(“Exclusive”)
 
 ここ数年、ソロ作はもちろんのこと、SICK TEAMのようなユニット活動やBudamunk/MASS-HOLEといったトラック・メイカーとのコラボ作など、地に足がつきつつも刺激的な活動を展開してきたISSUGI。彼絡みの諸作を聴くと、それぞれの作品には独立したフレイヴァーを感じさせながらも、作品単体で聴くと常に一定のムード/空気感が充満していることが分かる。それは、上記のラインが象徴しているように、ISSUGIというラッパーがDJという存在やDJプレイの紡ぎだすグルーヴ/流れにリスペクトを持ち、自身のアルバムでもそのグルーヴ感を重視しているからなのだと思う。HIP HOPアーティストなら誰もが持っていて然るべき感性なのかもしれないが、アルバムの意味合いが薄れてきている昨今において、ISSUGIの作品全体を見据えたグルーヴ感覚は、今や貴重なモノになっているのかもしれない。
 
 そして、そんなISSUGIがそのミックス・センス/トラック・メイク手腕に対して常に一目を置いてきたDJが、DJ SCRATCH NICEだ。ISSUGI/MONJUのライヴDJを務めたこともあり、過去には共作ミックスCD「WHERE OWN WONDER」もリリースしたことがあるこの男が、ISSUGIの最新作「UrbanBowl Mixcity」の制作パートナーだ。現在はNYに活動の拠点を置くSCRATCH NICEの家/スタジオに篭ってそのベースが作られたという今作は、ISSUGIが楽曲を作り終わって以降の曲順決め/ミックス作業などの“まとめ”をSCRATCH NICEが担当したとのことで、派手な仕掛けはないものの、ISSUGIのソロ・アルバムとはまた一味違うグルーヴが作品全体に流れていることを、(マニアックなポイントかもしれないが)ISSUGIの作品を聴き込んできた人であれば感じ取ることが出来る筈だ。
 
 NYのSCRATCH NICEとSkypeで交信しながら行なわれた本インタビューでは、そんなグルーヴ/ノリという、抽象的ながら本質的なテーマを中心に会話が弾んでいった。
 


 
■SCRATCH NICE君は元々、関西を拠点に活動してきたCOE-LA-CANTH(現:C-L-C)の一員で、2000年代中盤から日本語ラップを追ってる人はそういった背景を知っている人が多いと思うけど、2010年代以降のリスナーにとってはDOWN NORTH CAMPや『REFUGEE MARKET』周辺のDJというイメージの方が強いのかもしれないな、と思って。そんなSCRATCH NICE君とISSUGI君はどうリンクしていったの?
ISSUGI「多分、SCRATCH NICEが東京に住み始めたぐらいのタイミングですね。俺が『THURSDAY』(09年)を出した後で、確か池袋bedかどこかでミックスCDを彼からもらったんです」
DJ SCRATCH NICE「俺の方がISSUGI君のことを先に知っていたんですよね。ISSUGI君のMySpaceページにアップされてた、MADLIBのビートにラップ載せてる曲聴いて『ヤッベェ!』ってなったんです。その後、東京に住み始めた頃にDJ IMGってヤツに『ISSUGI君紹介してよ』って言ったら、『池袋bedに行ったらいるから』って言われて(笑)。それで、bedに行ってミックスCDを渡したんです」
ISSUGI「COE-LA-CANTHのことは、名前は知ってたけど会ったことはなかった、ぐらいの感じだったと思いますね。その後、SCRATCH NICEが東京のいろんなイヴェントでDJしてるのを観て、『コレは、今(当時)の東京にはない感じだな』って思ったんです」
DJ SCRATCH NICE「当時は何かけてたかな……自分、結構メジャーな曲も全然好きなんですよ。それと同時に、誰も知らないようなめっちゃアンダーグラウンドな曲も好きだし」
ISSUGI「俺が感じたのは、SCRATCH NICEはアンダーグラウンド/メジャーとかで判断するんじゃなく、かける曲に自分の一定の基準がちゃんとあって、DJプレイにとにかくグルーヴがあるんですよね。大体みんなクラブで60分ぐらい回すじゃないですか。その60分間が完全にSCRATCH NICEのノリになってる。グルーヴをそれだけ維持できるDJって、その頃の自分の周りにはあまりいないなと思ったんです。俺の勝手な想像なんですけど、USのHIP HOPのDJだと当たり前に核としてあるようなモノを、彼は体現できてるDJのように感じてたんです」
DJ SCRATCH NICE「嬉しいっすね(笑)」
ISSUGI「でも、本人はそういうことは気づいてないんだと思うんですよね、多分」
DJ SCRATCH NICE「俺、ROC RAIDAとかBEAT JUNKIESのDJ BABUとかが好きで、彼らが出てた頃のDJバトルのヴィデオを観てるのが超好きだったんです。それで、スクラッチとか練習するようになって。あの頃のHIP HOP DJのスタイルがずっと好きで、それが今も出てるんだと思います」
 
■じゃあ、SCRATCH NICE君の作るミックス作品のインスピレーションとしては、あの当時いっぱい出てた、HIP HOP DJ/ターンテーブリストたちのミックステープが大きいんだね。
DJ SCRATCH NICE「そうっすね。俺、もうTAPE KINGZ(NYのミックステープ・レーベル。KID CAPRIやDJ PREMIERなどによる、数えきれないほどのミックステープ・クラシックスをリリースしてきた)のあの感じがいまだに抜けてないんだと思いますね(笑)」
ISSUGI「いや、良いっしょ(笑)。TAPE KINGZ感、ヤバイっすね。でも、SCRATCH NICEのヤバイところは、そういう部分を受け継ぎつつも、古臭いDJになってないところなんですよね。ROC RAIDAとかTAPE KINGZが好きだったっていうのもあるかもだけど、根底に既に『HIP HOPのDJ』っていうのがきっとあるから、今出てる曲をかけてその上でHIP HOPのDJが持ってるヤバさを感じさせてくれるDJって感じなんですよね。新しい曲をチェックしないHIP HOPのDJとか全然良いと思わないし」
 
■そんなSCRATCH NICE君は、現在はNYに住んでいるわけで、GRADIS NICEもNYに引っ越して、KID FRESINOもNYに住み始めた……一体NYで何が起きてるんだ、っていう(笑)。
DJ SCRATCH NICE「日本とはノリが逆かもしれないと思いましたね。人の感じとかも、日本だと道歩いてて目が合っただけで『何見てんねん』みたいな感じがあるけど(笑)、こっちだと『ワッサー』みたいになる。街歩いてても何が起こるか分かんない感じがありますね」
ISSUGI「いいね(笑)」
DJ SCRATCH NICE「普通に道歩いてたら『あ、コイツ知ってる』みたいな顔の人がいて、そいつと喋ってたら『今度スタジオ来いよ』とか。
 
■今作の話に移ると、今作リリース前に「Soundcloud Thursday」という先行試聴企画をやってたよね。
ISSUGI「最初、Mr. PUG(MONJU)と『アルバム発売する前に曲聴かせたら面白いんじゃないか?』と話してたんですけど、ちょっと前にUSのアーティストが毎週何曜日に新曲を発表してたみたいな感じでやったら面白いかな、って思って」
 
■KANYE WESTの「GOOD Tuesday」みたいなやつね。
ISSUGI「ああ、そうですね。で、俺の場合は1stアルバムのタイトルでもある木曜日にやったら面白いかな、って思ってやってた感じですね」
 
■「Soundcloud Thursday」もそうだし、今作に先駆けてDJミックス「The MixtapeDogearprofile2」をフリーDL配信したり、今作のノーDJヴァージョンがダウンロードできるカードが特典で付いてきたり、ISSUGI君やDOGEAR RECORDSって、フィジカル作品だけにこだわらず、それ以外の表現方法に対しても貪欲なのがいいな、って前から思ってて。
ISSUGI「あ、ホントっすか。フィジカルにもフリーにもこだわってるワケじゃなく、自分が面白いと思ってる方法でやりたいってだけなんですよね。見てくれたり聴いてくれた人が『面白いな』って思ってもらえるリリースの仕方が、自分がリスナーのときも好きなんで、自分の作品のときもそういうことが出来たらな、って思ってます。自分的には、HIP HOPの面白い部分って、こういう発表の仕方も含まれてると思うんです」
 
■今作の制作のきっかけとしては、ISSUGI君がNYに行ったことが大きかったようだけど。
ISSUGI「2013年に行ったんですよね。ちょうどあのときの『REFUGEE MARKET』が開催される10日ぐらい前に行ったから、行ってた期間は1週間ぐらいで。で、行ってる間はSCRATCH NICEと一緒に制作したりどっか連れて行ってもらったり」
DJ SCRATCH NICE「どこも行ってないやん!基本、曲作ってたやん(笑)」
ISSUGI「基本はそうだね(笑)。まあ、ライヴとか観に行ったりSCRATCH NICEとGRADIS NICEがDJで出てるパーティとかは遊びに行ったけど。そのとき初めてNYに行ったんです」
 
■初NYなのに、ほとんど外に出ないで曲を作ってたの?
ISSUGI「そうですね。居れる期間が短いって最初から分かってたのもあったし、あとは元々アルバムを作るという目的でNYに行ったというのが自分の中にあったので。『あっちで出来たモノがないと絶対アルバム出来ねぇな』と思って行ったのが本音ですね。自分がNYに行く前から、勝手にSCRATCH NICEやGRADIS NICEのDJとかビートからはNYの感じが出てるんだな、って思ってたんです。聴いてる人はみんなそう感じてると思うんですけど。だから俺も行って、『あ、やっぱこういうことか』じゃないですけど、納得できた部分もあって。今作のビートの半分くらいはNYで完成してるっすね」
 
■実際にNYに行ってどんなことを感じた?
ISSUGI「“活力”って言ったらヘンなんですけど、ひとりひとりの人間のエネルギー/ヴァイブスが、って意味でノリがあるなって思ったっす。街の色とか匂いも違うし。あと、もっとHIP HOPが好きになったっすね」
 
■今作「UrbanBowl Mixcity」は、ミックスCDという形態ではあるけど、さっき話に挙がったTAPE KINGZ作品のような「DJミックス作品」ともまた違うよね?どちらかというと、USのラッパーがDJと組んで作ったミックステープ・アルバムに近いのかな、って。
ISSUGI「それは、SCRATCH NICEの提案で『“作品”っぽいミックスCDにしたい』って言ってきて、俺も『そうだな』って思ってそういう形にしたんです。今作の前にフリーDLで出した「The MixtapeDogearprofile2」はライヴ・ミックスっぽい感じにしたってSCRATCH NICEが言ってて、だからこっちはアルバムっぽくしよう、って。SCRATCH NICEがミックスすると、自分の曲が変わっていくのがスゲェ面白くて。彼流のまとめ方っていうのがあるんですよ」
DJ SCRATCH NICE「『WHERE OWN WONDER』の感じとは逆の感じにしたかったんですよね。あっちの方がラフだったと思うんで。こっちの方はもっとカッチリした感じにしつつ、DJ的なミックスの流れも意識して」
 
■曲を作って以降のまとめのプロセスは全てSCRATCH NICE君に委ねたということだと思うんだけど、これまでのソロ・アルバムのように自分だけで最後までまとめ上げる制作とはどう違った?
ISSUGI「自分がヤバイと思ってる部分と、SCRATCH NICEがヤバイと思ってる部分で、重なるところが絶対あると思うんで、『コレはSCRATCH NICEはあまり好きじゃなさそうだな』と思った曲は最初から作ってなかったかもしれないですね。そういう曲は、自分がソロ・アルバムを作るときに出来るし。SCRATCH NICEがDJでかけたときに、その威力が倍増するような曲を意識的に作っていったかもしれないですね。DJのヤバさって絶対そういうところだと思ってるから。そのDJがかけることによってその曲のヤバさが増さないと、そのDJがいる意味がない」
 
「EARR」リリース時のインタビューで「DJが作り出すモノだったり空気感だったり、自分の曲じゃないのに自分の曲かのように感じさせてくれる感覚がスゲェ好き」っていう風に語っていたんだけど、そういった感覚が今作を作る上で影響した?
ISSUGI「そうですね。今回、ノーDJヴァージョンも(特典用に)作ったから、そっちの方は俺が曲順とか決めたんですけど、SCRATCH NICEが上げてきたミックスを聴いたら、二枚使いとかしてないのにコイツの感じに(曲の並べ方/流れが)なってるんですよね。全然違うんですよ。それって結構俺にとって超大事なことで。曲が重なるタイミングとか、次の曲に入るタイミングとか、SCRATCH NICEの感覚だから、二枚使いとかはしてなくてもちゃんと“DJミックス”になってるんですよね」
 
■“Magic Hour”でISSUGI君は「ノリはひとりじゃ生まれない」ってラップしてるよね。このフレーズからは、何故ISSUGI君が今作のようにSCRATCH NICE君と組んだのかとか、そもそも何故ISSUGI君がDOWN NORTH CAMPというクルーにいるのか、ということにも繋がる話かな、と思ったんだ。
ISSUGI「パッと頭に浮かんだフレーズなんですよね。ノリって、多分ひとりでやってても作れないんですよね。まあ、ひとりでやってるノリは出るのかもしれないけど、HIP HOPっていち個人だけのノリを示すモノじゃないと思うんで。いろんな人と曲を作ってるとき、曲を作るという行為自体がそいつ(共作相手)と一緒にいるときの空気とかになってるってだけだな、ってシンプルに感じてきてて。SCRATCH NICEとやるときも、MONJUやSICK TEAMの一員としてやる自分、MASS-HOLEがリミックスする俺の部分……全部、(空気が)違うのが分かるんです。結局、みんな俺の良いところをその人たちの目線と角度から引き出してくれてるってことじゃないですか。そういうことを感じてて、このフレーズが出来たんだと思いますね」
 
■SCRATCH NICE君は、ISSUGI君の音楽のどういうところに魅力を感じてる?
DJ SCRATCH NICE「最初にISSUGI君の曲を聴いたときから、彼を日本語ラップのカテゴリー内で見てないんですよね。iTunes上で外人の曲がバーッて入ってる中にISSUGI君の曲がある感じというか……説明するのが難しいんですけど(笑)」
 
■じゃあ、ISSUGI君はSCRATCH NICE君についてどう思う?
ISSUGI「うーん、そうっすね……SCRATCH NICEはダサい曲かけないっすね(笑)」
DJ SCRATCH NICE「(笑)」
ISSUGI「でも、DJはそこスゲェ大事ですよね。あとはさっきも言ったけど、かける曲とかけ方に自分の基準があって確立できてるからDJに説得力がある。作るビートも、俺は良い意味でDJっぽいと思ってますね」
 
■今回、SCRATCH NICE君と一緒に作品を出したというのは、そういった彼のDJが持つ空気感をリスナーにも共有してほしかったんじゃないかな?って。
ISSUGI「そうですね、それは絶対あります。あと『DJのヤバさを伝えたい』っていうのはスゲェ思ってますね。もちろんカッコ良いDJ限定ですけど(笑)。SCRATCH NICEはそれが出来ると思うんで」
 
■ミックス作品じゃなくても、例えば作品全体の音質とかで空気感をコントロールしたいという意識があるのかな?って。
ISSUGI「いや、あまりないですね。自然に出してるだけで」
DJ SCRATCH NICE「それ、絶対あるっすよ。ISSUGI君は、俺とかGRADIS NICEとかだと作ってる段階で『コレ、ダメだな』って思ったようなモノでもアリにするマジックを持ってる人なんです。自分のノリがあるんですよ。だから、『この音質じゃちょっと無理でしょ』とか思っても、そこを上手くテクニカルにアリにしちゃう」
 
■今作でも、音質的にはすごいラフな音質の曲もあったりするよね。ISSUGI君は自分では意識してないかもしれないけど、そういった曲でもアリにする感性って、ISSUGI君の個性のひとつだと思うんだよね。
ISSUGI「俺、音質とかにはあまりこだわらないんですよね。音質の良し悪しで曲の良し悪しは決まらないと思ってて。だから、そこは自分が良ければいい、ってなっちゃいますね(笑)。逆に、いくら超音が良くても自分がイヤだったらダメなんで(笑)」
 
■SCRATCH NICE君は、今後NY在住のDJとして、日本のシーンに向けてはどういう風に活動していこうと考えてる?
DJ SCRATCH NICE「近いところだとBudamunk君のアルバムでスクラッチやってますね。トラックとかも、自分の好きな人に渡せれば嬉しいな、って思ってます。日本に向けては制作という形でしか関われないんで、そういうことをやっていこうかな、って。まあ、普通なんですけど(笑)。あと、マイナーなんですけど何人かUSのラッパーに曲を渡してますね」
 
■ISSUGI君は、ここ1〜2年かなり多作だったと思うけど、今後は?
ISSUGI「まあ、またなんか色々作ろうと思ってます。このアルバムのインスト盤も、使わなかったビートも入れて出そうかな、って。あとは、ラップ(作品)を適当に何種類か作ろうと思ってます、EPとかミックステープで。俺、頭の中に常にやりたいことがあるんですよね」
 
■思い浮かんだことって、全部実現させるタイプ?
ISSUGI「結構実現させますね。しかも、出す順番も思い浮かんだ順番で出したりしてます。ソロ以外で言うと、DOWN NORTH CAMPのアルバムをCPFで制作中で、DOGEAR RECORDSとしてはどうなんだろう。仙人掌も作ってるみたいっすね……あと、Mr. PUG(関連楽曲)のミックスCDを出したいと俺が勝手に思ってます(笑)」
 
EVENT INFO
 ISSUGI & DJ SCRATCH NICE「Urbanbowl Mixcity」のリリースを記念したインストア・ライヴが、4月23日(木)21時〜タワーレコード新宿店にて開催!スペシャル・ゲストとしてBudamunkも出演予定だ。イヴェントの観覧はもちろん無料!
 
特典などの詳細はコチラ↓
http://p-vine.jp/schedules/91196

 
 

Pickup Disc

TITLE : Urbanbowl Mixcity
ARTIST : ISSUGI & DJ SCRATCH NICE
LABEL : P-VINE, DOGEAR RECORDS
PRICE : 2,916円
RELEASE DATE : 4月8日