INTERVIEW[インタビュー] RSS

RHYMESTER

インタビュー:伊藤雄介(Amebreak)

「『次の世代に何か遺さなきゃ』っていうことは前より考えてると思うね。それは、アルバム収録曲の中にメッセージとして入ってるのもあるし、自分たちのキャリアの積み重ね方やスタンスで見せていきたいという思いもある。『日本のHIP HOPがバカにされないために、どういう“強度”を持つべきか』というのを、身をもって表わしているつもりだし。今ってみんな悩んでるからさ、『こういうやり方、成長の仕方もあるよ』みたいな提示は、俺は前より意識してるんじゃないかな」 — Mummy-D

 
 昨年、キャリア史上二枚目となるベスト盤「The R ~The Best of RHYMESTER 2009-2014~」をリリースし、全国ツアー/25周年記念イヴェントを経て、レコード会社移籍/新レーベル:starplayers records設立を発表したRHYMESTER。元旦には移籍後初となる新曲“Still Changing”のMVを発表し、5月には初の主催野外フェス『人間交差点』も成功に導くなど、活動25周年を迎えてなお加速度を増してきている感のある彼らのハッスル・ハード振りだが、この度リリースされたニュー・アルバム「Bitter, Sweet & Beautiful」は、ここ数作の間に確立してきた「新たなRHYMESTER像」を自らの手で更新させようという野心が伝わるし、ヴェテランの意地/ハングリーさも感じられる一枚だ。
 
 ラップ・アーティストがフレッシュでい続けるというのは、「若い感覚を保ち続ける」ということだけでは難しい、実はかなりハードルの高いタスクだ。いくら自分が外見/内面ともに若作りしても、活発であればある程キャリアは厚く蓄積していくし、その蓄積は、時に不要なプライドや保守性を生み出す。RHYMESTERもそんな状態に陥ってしまうリスクがこれまでに何回もあった筈だし、活動25周年/ベスト盤リリース直後という今作のタイミングは、そのリスクを如何に回避するかという意味でも、彼らにとって難しいタイミングだった筈だ。ベスト盤リリース後の新たなフェーズの幕開けという意味では共通しているが、それまでに培ってきた理論/技法の再定義と強化が試みられていた「マニフェスト」と今作は、そういった意味で立ち位置が異なる。
 
 彼らが新フェーズの幕開けにあたり、意識的に取り込んだ新たな“燃料”、そして図らずもこれまでと変わることなく供給し続けなければいけなかった“燃料”とは何か?そんな点にフォーカスしつつ、今作についてメンバーに話を伺った。
 


 
■5月に初の主催フェス『人間交差点』が無事開催されましたね。
宇多丸「初年度にしては、至らぬこともあったけど、大きなトラブルもなかったし、皆様のお力もあって上出来じゃなかったんじゃないかな。目論んでいた雰囲気は、ね」
DJ JIN「達成できたかな、と」
Mummy-D「続けていくのが大変なんだけどね。イヴェントのカラーがこれから定着していくことの方が大事だね」
宇多丸「単純なジャンルのクロスオーヴァーというより、『HIP HOP半分/俺たちが掲げるクロスオーヴァー半分』といった感じで、お客さんもその辺でゴチャゴチャしてもらうというか。あと、バックステージで出演者にゴチャゴチャしてもらいたかったんだよね。交流&刺激というか。Amebreak的な答え方をしておくと、最後に打ち上げした後、P様(PUNPEE)とサイプレス上野が『自分たちの世代がコレをやるにはどうする?』って真剣に熱く話してて、それを見て『あー、やった甲斐があったな』と」
 
■『人間交差点』も開催し、昨年にはベスト盤「The R ~The Best of RHYMESTER 2009-2014~」のリリースとそのツアーも敢行し、個々の活動もあったことを考えると、相当なハード・スケジュールの中で今作が作られたと察します。毎作、ニュー・アルバムの制作を始めるにあたって、メンバーでミーティングをしていますよね。今作に関しては、最初のミーティングでどんな話をしたんでしょうか?
Mummy-D「前作『ダーティーサイエンス』が出来上がって、その流れでミーティングをしたから、どうしても前作のカウンターの方に行きたくなっていた時期ではあると思う。前作ではノイジーな音像を追求したから、次作では“メロウネス”みたいなモノを追求してみたら面白いかも、っていうのはあった。サウンド的にも、『ダーティーサイエンス』は『間違えていく』っていう感じに作っていったんだけど、次は『“グッド・ミュージック”な感じでいいんじゃないか』みたいなことを言ってたな」
 
■アルバム資料には「過去最長の制作期間」と書いてあったのですが、それは単純にスケジュール的な理由でそれぐらいの期間が必要だったのでしょうか?それとも、クリエイティヴ的にこれまでの作品以上に時間を必要とする理由があった?
Mummy-D「レコード会社の移籍に伴ういろんなことがあって、それで時間が必要だったというのもあるけど、実際、なかなか曲が出来なかったという理由もある。だから、色々だね」
宇多丸「前のレコード会社とは全然円満な感じで移籍したんだけど、『移籍するならあまり変化球投げるのもなぁ……』とか、色々考えて止まった瞬間はある。で、移籍が決まって今年の頭に“Still Changing”のMVを発表して、その反響を見て『“仕切り直し”は“Still Changing”で出来たから、最初のミーティングの頃に話していたコンセプトでいいよ』って思ったんだ。だから、時間はかかったし『この方向でいいのかな?』って思ったこともあるけど、一直線で進んでいったと言えばそうだね。『進む方向』が分からないで悩んでいたんじゃなくて、その方向にブラッシュアップするのに悩んでいたんだ」
 
■ブラッシュアップするにあたって、どんな部分が“壁”だったんですか?
Mummy-D「最初のリード・シングルが移籍一発目の曲になるから、派手で勢いのある感じにしたいとは思ってたんだけど、『どのトラックで行ったらいいのか?』っていうのもあったし、サビ作るのが難しかったりもして」
 

 
■それは“Still Changing”のことですよね?
Mummy-D「結果的に“Still Changing”になったんだけど」
宇多丸「今回のアルバムで、他にもシングル・カット候補の曲は全然あったんだ」
Mummy-D「『ダーティーサイエンス』のときみたいに“The Choice Is Yours”が出来上がっちゃって、後はその曲を中心に作っていくという感じに今回はなかなか行けなくて、『ああでもない、こうでもない』っていう作業をすごいやったんだよね」
宇多丸「(先行シングルの)“Still Changing”と“人間交差点”を作ってみて、アルバムの結論というかクライマックスが見えて、そこから他に作っていた曲が色々ハマり出して、『あ、コレで全体像見えたじゃん!』ってなったんだ。“Still Changing”は、みんなスゲェ『RHYMESTERらしい』って言ってくれるんだけど、俺らからしたらちょっと変わったトラックだから、『コレ、大丈夫か……?』って恐る恐る投げてみたんだよね。そうしたら、意外と好評だった」
Mummy-D「後からいろんな人に、世界的な音楽シーンの流れについて話を訊いたら、こういう方向性って意外とナシじゃないな、って思えるようにはなったんだけど、作り始めのときは『コレは、ヘタするとポップさが鼻につく感じになっちゃうんじゃないか……』とか思ったんだよね」
 
■先ほどのDさんの話だと、今作を作る上でRHYMESTERが課していた“ミッション”は、どちらかというと音楽性の方に意識が向いていたということなんでしょうか?「The R」取材時、Dさんは過去数年を「言葉の時期」と位置付けていました。
Mummy-D「“音”と“言葉”の二本柱って感じだね。音に関してはグッド・ミュージックの方向で、メロウネスを追求する……ちょっとオトナっぽいって言ってもいいかな。最初は『AOR(ADULT ORIENTED RAP)』でいいんじゃない?とか言ってたんだ(笑)。その一方で、宇多さんと『最近どんなことを考えてる?』って話をしたとき、ちょうどヘイト・スピーチとかが盛り上がってきてた時期で、『イヤだよね、ああいうの』とか話している流れで“ビューティフル”っていうキーワードが出て来たりした。だから、“音”も“言葉”も『キレイな方向』を目指したというか」
宇多丸「『オトナな方向』というか。出来上がってみて、今回はすごいオトナっぽいアルバムだな、って」
 
■今作の「オトナ感」は確かに僕も感じたのですが、一方ですごい「汗くさい」アルバムだとも感じたんです。「“Beautiful”に生きる」という結論に導く/際立たせるために歌われている“Bitter”な側面が予想以上に強くて、それ故に汗くささを感じたし、いびつさも感じました。こういうアダルトなアプローチのトラックだったら、普通はもっと聴き流せるようなラップになっていてもおかしくないと思ったんです。
宇多丸「確かにそうだよね。聴き流すには程遠いアルバムだよな」
Mummy-D「イージー・リスニングではないねぇ」
宇多丸「ハード・リスニングだね……まあ、でも何も考えないで曲単位で聴いてもらったら、『あらステキ』って感じに聴き流してもらえないかな?とは思ってるよ(笑)。“人間交差点”“Still Changing”“Kids In The Park”とかは、曲単位で取り出したらキャッチー/ポップだしさ」
 
■「オトナ感」に通じる話だと思うのですが、「RHYMESTERからの“人生観”の提示」という意図はありますか?そういった“生き方”についてはこれまでも歌ってきたと思いますが、“人生観”みたいなモノが曲から滲み出ていた作品って、今までなかった気がするんです。
宇多丸「そうねぇ……まあ、『POP LIFE』とかはそういう方向ではあったと思うけど」
Mummy-D「でも、前より意識してると思うね」
 
■「POP LIFE」の頃より、良い意味で年齢を重ねてきたからこそ言える感じというか。
Mummy-D「やっぱ、『次の世代に何か遺さなきゃ』っていうことは前より考えてると思うね。それは、アルバム収録曲の中にメッセージとして入ってるのもあるし、自分たちのキャリアの積み重ね方やスタンスで見せていきたいという思いもある。『日本のHIP HOPがバカにされないために、どういう“強度”を持つべきか』というのを、身をもって表わしているつもりだし。今ってみんな悩んでるからさ、『こういうやり方、成長の仕方もあるよ』みたいな提示は、俺は前より意識してるんじゃないかな」
 
■「みんな悩んでる」というのは、ラッパーが?
Mummy-D「うん、ラッパー」
 
■そんな話を訊くんですか?
Mummy-D「みんな、悩み相談をしたくてしょうがないみたいだよ(笑)」
宇多丸「『ネクスト・レヴェルに行くには』っていうところでね。だって、みんなラップも上手いし、作品も良いから『コレ以上何をすればいいの?』ってなることもあるだろうしね。『全員上手い』って、結構大変な状況だと思うんだよね。『上手い圏』では競争が大変だし、ある程度キャリアを重ねたら『いや、君がラップ上手いのはもう分かってるから、他に何か引き出しは?』みたいになってくる」
 
■確かに、今の日本語ラップは20代後半~30代前半の“中堅”の人たちが一番大変だろうな、とは前々から思ってました。実力が伴っていても、“フレッシュ枠”とか“ヴェテラン/レジェンド枠”という分かりやすい括りがないし。
宇多丸「まあ、それはラッパーに限らず、どんな人生でも20代後半~30代前半はキツイんだよ。俺、20代後半のことを“第二思春期”って呼んでるもん。会社勤めしてる人でも、その世代になるともうフレッシュじゃなくなって、先も見え始めちゃうから、『死にたい』とか一番言う時期なんだよな(笑)」
 
■ラップのテクニックや書き方に関して、今作で意識したことはありますか?
Mummy-D「どっかで攻めなきゃいけないとは思ってた。『この曲のヴァースはフロウ的に凝ったことをやらないとダメだな』とか。今って、BPMが遅い中でどういう風にラップを載せるかサッパリ分からない中、ラッパーたちがシノギを削ってるから、そういうことにもチャレンジしないとな、って。それは“ガラパゴス”の3ヴァース目とかだったりするんだけど」
宇多丸「“ペインキラー”が最初に出来た曲なんだけど、その段階から、各曲のラップがアルバム全体のパーツになっている -- 同じテーマを違うように歌ってたりとか、同じワードの違う回答が他の曲で出てたりとか -- 初期段階からテーマに沿っていろんな要素を散りばめて、『伏線を張る』ということを考えてた。最初の方に作った曲を丸ごと伏線のために使ったりとか、そういうことは今まではやってないと思う。行き当たりばったりで作っていくんじゃなくて、完全に『アルバム用の書き方』だった。『この曲でこういうことを言っておくと、こっちの曲のこの言葉が効く』とか、そういう作り方」
 
■それって、“映画的”と言ってしまうと安易なんですかね?
宇多丸「映画的というか、ストーリー的な流れというか。映画と音楽が近いのは、どちらとも“時間芸術”ってことで、順番に出て来るモノを観る/聴いていくから、遡るってことはしないじゃん?そういうことだよね。まあ、そんな小難しいことを考えてたワケではないけど」
 
■今作は、JINさんはもちろんのこと、「マニフェスト」以降のライムス・サウンドのキーパーソンであるBACHLOGICに加え、KREVA/PUNPEEのふたりがプロデュースで初参加しているというのも、トピック的に大きいと思います。KREVA氏は、意外にもRHYMESTER名義では初プロデュースなんですね。
Mummy-D「KREVAは、何年か前に宇多さんとワンマン・ライヴに行ったんだよね」
宇多丸「『心臓』の辺りの曲が良いなー、って話してたんだ。“I Wanna Know You”とかスゲェカッコ良いと思ってたし、俺らの中からああいうのは出て来ないから、ああいう雰囲気のトラックをKREVAに頼むのもいいんじゃない?って」
Mummy-D「ラッパー+ビート・メイカーの人って、どうしてもラップの方に焦点が当たりがちで、ビートが目立たなくなるときとかあるからさ、KREVAもトラック・メイカーとして起用されたのが嬉しかったみたいだね」
 
■PUNPEE君に関しては、どういう意図で起用しようと思ったんですか?
Mummy-D「彼のミックスCD『MOVIE ON THE SUNDAY』を聴いたのが最初だと思う。その前から、彼がヤバいトラック・メイカーだという話は聞いていたけど……」
 
■彼の音が自分たちの音楽とどうリンクするかまでは見えてなかった?
Mummy-D「そりゃあ、だってPSGの人だよ(笑)?相当、世界観が違うと思うし。でも、彼のミックスCD『MOVIE ON THE SUNDAY』を聴いて、『こりゃあ凄い!』って思ったんだ。あのCDに入ってる“RENAISSANCE”一発で『物凄いぞ、コレ』って思った。PSGのときは、5lackの存在が結構耳についたから、『PUNPEEワールド』っていうのは分かりにくかったんだけど、あの曲の音楽的な幅とポップ・センスを聴いて、『……KREVAが騒いでるワケだ』って思ったな」
 

■PUNPEE君の場合、サビを自分で歌う場合も多いし、今作でも各所で彼の声が聴こえますよね。そういった意味では、トラック提供ということ以上にプロデューサーの世界観にRHYMESTERが寄っていったわけで、そこが新鮮です。
宇多丸「だって、寄るしかないんだもん、最初から世界が出来てるから」
Mummy-D「最初からトラックにサビが入ってるんだ。多分、彼の中では自分の声も楽器の一部っていう作り方だからなんだと思う。だから、『サビを歌ってもらおう』とか、そういうことを思っていたワケではないんだ。俺らは、フィーチャリングをたくさん呼んでアルバムを作っていくタイプじゃないから、そういった意味ではRHYMESTERの作り方にそぐわないのかもしれないけど……PHARRELL WILLIAMSにトラック頼むと彼の声も付いてくる、みたいな(笑)。そういう呼び方でアルバムの中に何曲も彼の声が入ってるのは、逆に面白いんじゃないか?って思ったんだ」
 
■PUNPEE君の世界観がある程度固まっているところから曲を作るというのは、チャレンジングな工程でしたか?それとも、そのアイディアによって助かった部分もある?
Mummy-D「……サビは助かるよね、作らなくていいから(笑)。『世界観を作る』という意味では、前作ではIllicit Tsuboi君の“毒”を借りたけど、今回はPUNPEEの“毒”を借りようというのがあった。『体内に敢えて異物を取り込む』みたいな感じだよね。そういう意味では、新鮮だったし楽しかったよね」
 
■BL君やDJ WATARAI氏のような“職人気質”の人たちと違って、PUNPEE君はより「アーティスト寄り」だから、どんなトラックが上がってくるのか分からない感じは、他のトラック・メイカーよりあったんじゃないかな?って。
宇多丸「(どんなトラックが)上がってくるか?っていうのもそうだし、トータルで『何を求めているのか?』っていうか、『P様のツボは何か……?』みたいなのをこっちが探すというか(笑)。こっちがヴァースを入れてから聴いてもらうんだけど、返ってくるリクエストが『え、そこ!?』みたいなことが何回かあった。面白いよー、ホント。感覚的なモノなんだろうけどね」
Mummy-D「いやー、でもヴァースのダメ出し食らうとか、初めてだったな。彼もだいぶ恐縮しつつ、だったけど(笑)」
 
■恐縮しつつも言うんですもんね(笑)。でも、これだけ歳が離れてるのにそれが出来るのは、なんというか……偉いですよね。
宇多丸「いや、絶対偉い」
Mummy-D「ホント、お願いするときからスゲェ気合い入ってたし、“Kids In The Park feat. PUNPEE”とか、『絶対間違いないクラシック級のモノにしたい』ってずっと頑張ってくれたし、情熱がすごい感じられたね」
 
■“Still Changing”と打ち出したタイミングだっただけに、PUNPEE君の参加は新たな風を取り込むという意味でも有効だったようですね。
Mummy-D「俺らも結構歳を取ってきたしさ、だからこそ毎回挑戦していかないとつまんないグループになってしまう。若いときよりもっとチャレンジしないといけない、っていうのは常に考えてるし、そうしないと自分たちも飽きちゃうからね。『うわー、またこんなフロウしてるよ、俺』みたいな」
宇多丸「ていうかそれでしょ、納得できないのは。『まぁ、コレ……』」
Mummy-D「『コレ、前書いたなぁ……』とか」
宇多丸「『まあ、良いけど……面白くはねぇなぁ……』とかさ。でも、恐ろしいことに、こういう風にウジウジやってる内に『抜ける』瞬間があったりするから厄介なんだよね。『じゃあ、ウジウジやってる意味あるんじゃん』ってなると、またそれを繰り返す理由が出来ちゃう」
 
■そういった悩みから抜けていく感じというのは、今作にはいっぱい散りばめられてますよね。
Mummy-D「そうだね。だから、その“ストラグル感”が『汗くさい』っていうとこなんだと思うね(笑)」
 

■その「汗くささ」がハッキリ感じられる曲としては、“ガラパゴス”がありますね。この内容を、このタイミングで書いてみた動機や背景は?
Mummy-D「去年、“為末発言”があったじゃん?」
 
■去年、僕がインタビューさせて頂いたタイミングでその発言が炎上してて、そのツイートをプリントアウトしてコメントして頂きましたよね。
宇多丸「ああ、そうそう。前後のツイートも含めて見せてもらったよね」
 
■あの取材時では、皆さんすごい冷静でしたよ。
Mummy-D「そうそう、『ああ、やっぱ前後こういう文脈じゃーん。ほら、みんなそこだけ取り出して』って思って落ち着いてたんだけど……後からスゲェ腹立ってきて(笑)」
 
■僕、別に皆さんに燃料を投下しようと思ってあの質問をしたワケじゃないんですけど、正直、取材時は「やっぱこの人たちは冷静だなー……やっぱ“文脈重視”の人たちだ!」ぐらいに思ってたんですよ。そしたら……(笑)。
宇多丸「メッチャ怒っとるやないかい!っていう(笑)」
Mummy-D「宇多さんはさ、自分の番組でそれについて発言してて、そこで自分なりの回答が出来たからいいんだけど、俺は逆にモヤモヤしてきちゃったんだよね。彼に対して何を言いたいってワケじゃないんだけど、『……まだそれかよ!』っていう怒りが沸々と湧いてきた……『ウワサの真相』(2001年)の頃と、やってることが全然変わんないなー、っていうさ。いまだにそういう意見を持った人が、彼に限らずやっぱりいるワケで、今回のアルバムっぽくはないテーマだけど、BLのトラックが結構エキセントリックだったっていうのもあって、『言っちゃえー!』っていう感じになりました」
 
■Dさんによる3rdヴァースは特にエモーショナルですよね。「若手はどいつもハイクオリティーさ レジェンドだって負けらんないぜ?」とか「その違いを誇れ異端児たち 黙らせろあのアンチたち」といったラインは、RHYMESTERより下の世代のラッパーたちへエールを送っているし、一方でゲキを飛ばしているようにも聴こえました。
Mummy-D「正しくそうだよね。“外側”に出て行かないと、自分たちがどう見られてるかとか、ホント分からないんだ。閉じたコミュニティにいるとそういう声って聞こえてこないんだけど、俺たちは立場上いろんなところに出て行ったりするから、『まだそんなこと言われるのか……』って思うシーンに直面することも多いし、『……そんなに俺たち嫌われてるの?』って思うこととか……」
 
■RHYMESTERも、そんなにまだ嫌われてますか?
Mummy-D「……一部の人には、ね。でも、そういう人たちに『好きになってくれよ!』って言ってもしょうがないし、そんな必要もないんだけど、そういう声があることを知った上で更に強くならないとダメなんだよ、っていうことが言いたかったんだよね。若い頃は、そんな外側を意識してバランス取りながらやるべきじゃないと思うし、自分たち周りの居心地の良いコミュニティの中だけで伝わる音楽を好き勝手やればいいと思うんだけど、そこから一歩先に行こうとする過程で壁にぶつかる瞬間は、いつかある。で、そういうときに彼らにはこの曲を聴いてほしいんだ。こういうことを10~20代のラッパーたちに分かってほしいと思ってるワケじゃなくて、“第二思春期”ぐらいのキャリアになったラッパーに響けばいいと思う」
 
■下の世代ということだと、PUNPEEは間違いなく2010年代以降の日本語ラップを象徴する才能だと思いますが、他に皆さんがここ数年で刺激を受けた日本のラッパー/クリエイターはいますか?それこそ宇多さんは最近、『タマフル』でKOHHの“毎日だな”を紹介していましたが。
宇多丸「全然新人じゃないけど、SUMMIT勢とか見ると、もちろんSIMI LABはカッコ良いし、THE OTOGIBANASHI'Sは対世間的にもっとスターになってほしいよね。あと、『#FIGHTCLUBJP』みたいに、ネット上でも小さいけどシーンがあるよね。ああいったことに対してオーディエンスが一定数いて、やいのやいのやってるから、『こういうシーンが自然と出来てきたんだな』って」
Mummy-D「SALUとかAKLOは本当に凄いと思うし、レヴェル的には『コレ以上どう磨くんですか?』みたいなトコまで行ってるよね。あと、KOHHはやっぱ『何かに気づいてる』気がするんだよね。力任せにUSシーンを模倣するだけじゃダメだ、っていうことに対して意識的な気がする」
DJ JIN「俺はフューチャー・ビート系をよく聴くし、アナログ・レコード中心でいまだに聴いてたりするから、変わったアプローチだし一般的な感覚じゃないと思うけど、例えばこないだgrooveman Spotとアルバムを出したsauce81とか、日本で活動してるけど世界のいろんなレーベルから作品を出したりしてるし、楽器も出来つつサンプリングも出来るような人だよね。もっとミュージシャン寄りの人だとmabanuaみたいな人もいるし、サウンド・クリエイターは本当にたくさんいる。俺はそういった人たちみたいに楽器が出来るワケじゃないけど、自分の経験を踏まえた上で、新しい才能たちに対抗していくためには俺なりのモノをどう出すかというのは考えたね。それが“人間交差点”とか“Beautiful”で、ミュージシャンたちとどういうアプローチで作っていくかという部分に活かされてると思う。海外を見ても、サンプリング/生音/打ち込みの要素がありつつ、ミュージシャンシップもあるっていうところが全部混ざってるし、作ってる時点ではそんな世界的な流れは意識してなかったけど、出来上がってみたら今のアーバン・ミュージックのアプローチと今作は通じる部分はあるのかもな、って」
 
■“Still Changing”で宇多さんは「勝手に建った金字塔 毎度ぶっ壊して先んじとくと/迷えばフツー先人に問うが こちとらとうに前人未到さ/ってな調子で四半世紀 だっていうのにいまだに全盛期/世界はそれを 『奇跡』と呼ぶんだぜ 『懐かしい~w』はたぶん余分だぜ」とラップしています。今作のように、ここまで前進しようともがいている……“モノンクル”風に言うと“おじさん”ラッパーたちによるアルバムって、よくよく考えるとすごいオリジナルだな、って思ったんです。大概、これだけキャリアを重ねていくと、どうしても懐古的な側面が出て来るモノだけど、そういった部分は皆無ですよね。
Mummy-D「しかも、(同世代の)スチャより一生懸命な感じがするしね(笑)」
 
■一生懸命ですよね(笑)。過去数作でも、ヴェテランとしての立ち位置や責任/誇りといった部分は出ていたと思いますけど、自分たちがどれぐらいの世代で、自分たちの人生上どの辺りにいるか?という人生上の“時期”を感じさせるアルバムだと思ったんです。
宇多丸「人生の時期……(笑)。確かにね」
 
■RHYMESTERがキャリアがスタートさせた時点では、キャリア20年超のラッパーなんて洋邦問わずいなかったワケじゃないですか。イヤな質問に聞こえるかもしれないですけど、「老いとHIP HOP」に関して皆さんは今、どう考えているのかな?って。僕はそういったことに関して、RHYMESTERはどんどん肯定的に捉えるようになってきているように、今作を聴いて感じたんです。
宇多丸「そうじゃない?だからこんな内容のアルバムになってるんじゃないかな。明らかに若い人には作れないアルバムだし、若い人に出来ないことをやればいい、っていう。このアルバムは、『人生には終わりがある』とか、そういうことを明らかに意識している人の言っていることだよね、とはすごく思う。『無限に未来が開けてる!』とは思ってない人が言ってること -- まあ、俺たちは最初からそんなことは言ってなかったかもしれないけど」
 
■「いつか枯れるからこそ、今どう咲くか?」みたいな。
宇多丸「そうだね。『自分の人生にはそれぞれ限界はあるんだけど……』みたいな、そういう感じはあるよね」
Mummy-D「『老いとHIP HOP』ねぇ……大肯定じゃないかな。実際にUSでも、JAY-Z/BUSTA RHYMES/SNOOP DOGGとか、俺らと同じ世代の人が歳を重ねながら更新してるじゃん?フレッシュでい続ければ、何歳でもみんな評価してくれるって、楽観的に考えてる。そこが悪い意味で懐古的になったら『つまんない』って思われるかもしれないけど、まだやりたいことはいっぱいあるからなぁ」
 
■最後に、レーベル移籍に伴い設立したレーベルについて伺いたいのですが、starplayers recordsにおけるRHYMESTERは、いち所属アーティストなんですか?それとも運営する側の一員でもあるんでしょうか?
Mummy-D「一応、俺が主宰してる、みたいな感じにはなってる。RHYMESTERが考える/RHYMESTERが気に入ってるモノはどんどん出していきたいね。今のところ、自分たちのアルバムを作るのに精一杯でまだ全然これからなんだけど、新しい才能を募集していきたいな、って。レーベルとしては『人間交差点』のバランス感覚 -- HIP HOPとそのちょっと外側みたいな部分を、レーベルとしても混ぜられたらいいな、って思ってるんだけど、なかなか、ねぇ……『コイツ、良いな』って思うと大概他の誰かが目を付けてるんだよ(笑)」
宇多丸「でも、伸び悩んでる人というか、ちょっとチューニングを合わせるためのワン・プロデュースを入れるだけで良くなるような人っていっぱいいると思うから、そういう場になってもいいと思うね」
 
 
TOUR INFO
KING OF STAGE VOL. 12
Bitter, Sweet & Beautiful Release Tour 2015

 
公開リハーサル
日時:9月24日(木)18:00開場/19:00開演
場所:川崎CLUB CITTA’(神奈川県)
料金:オールスタンディング 3,000円(ドリンク代別)
(問)CITTA'WORKS:044-276-8841
 
大阪公演
日時:9月27日(日)17:00開場/18:00開演
場所:Zepp Namba
料金:1F 指定席/2F 指定席 5,000円(ドリンク代別)
(問)夢番地大阪:06-6341-3525
 
高知公演
日時:10月4日(日)17:00開場/18:00開演
場所:X-pt.(クロスポイント)
料金:オールスタンディング 4,000円(ドリンク代別)
(問):デューク高知:088-822-4488
 
東京公演
日時:10月9日(金)18:00開場/19:00開演
場所:Zepp DiverCity
料金:1F スタンディング 5,000円/2F 指定席 5,500円(各ドリンク代別)
(問)CITTA'WORKS:044-276-8841
 
名古屋公演
日時:10月12日(月・祝日)17:00開場/18:00開演
場所:Zepp Nagoya
料金:1F 前方指定席 5,000円/1F 後方スタンディング 4,800円/2F 指定席 5,000円(各ドリンク代別)
(問)サンデーフォーク:052-320-9100
 
青森公演
日時:10月18日(日)17:00開場/18:00開演
場所:SUNSHINE
料金:オールスタンディング 4,500円(ドリンク代別)
(問)CITTA'WORKS:044-276-8841
 
仙台公演
日時:10月20日(火)18:00開場/19:00開演
場所:Space Zero
料金:オールスタンディング 4,500円(ドリンク代別)
(問)CITTA'WORKS:044-276-8841
 
福岡公演
日時:10月25日(日)17:00開場/18:00開演
場所:DRUM LOGOS
料金:オールスタンディング 4,500円(ドリンク代別)
(問)BEA:092-712-4221
 
静岡公演
日時:11月1日(日)17:00開場/18:00開演
場所:OUND SHOWER ark
料金:オールスタンディング 4,500円(ドリンク代別)
(問)BOOM BOOM-BASH:054-264-6713
 
茨城公演
日時:11月3日(火・祝日)17:00開場/18:00開演
場所:水戸VOICE
料金:オールスタンディング 4,500円(ドリンク代別)
(問)CITTA'WORKS:044-276-8841
 
沖縄公演
日時:11月8日(日)17:00開場/18:00開演
場所:桜坂セントラル
料金:オールスタンディング 4,500円(ドリンク代別)
(問)PM AGENCY:098-898-1331
 
鹿児島公演
日時:11月10日(火)18:00開場/19:00開演
場所:SR HALL
料金:オールスタンディング 4,500円(ドリンク代別)
(問)BEA:092-712-4221
 
岡山公演
日時:11月15日(日)17:00開場/18:00開演
場所:YEBISU YA PRO
料金:オールスタンディング 4,500円(ドリンク代別)
(問)夢番地(岡山:086-231-3531
 
富山公演
日時:11月22日(日)17:00開場/18:00開演
場所:MAIRO
料金:オールスタンディング 4,500円(ドリンク代別)
(問)CITTA'WORKS:044-276-8841
 
北海道公演
日時:11月29日(日)17:00開場/18:00開演
場所:札幌PENNYLANE24
料金:オールスタンディング 4,500円(ドリンク代別)
(問)ウエス:011-614-9999

お問い合わせ総合:チッタワークス・044-276-8841(平日12:00~19:00)
 
 

Pickup Disc

TITLE : Bitter, Sweet & Beautiful
ARTIST : RHYMESTER
LABEL : starplayers records, CONNECTONE
PRICE : 4,104円(初回限定盤A)
RELEASE DATE : 7月29日