日本を代表するHIPHOPサイト! Amebreak[アメブレイク]
  • INTERVIEW
  • KNOWLEDGE
  • NEWS / REPORT
  • COLUMN
  • RECOMMEND
  • MEDIA
  • EVENT / LIVE INFO
INTERVIEW[インタビュー] RSS

SKY-HI(前編)

インタビュー:高木“JET”晋一郎

「アルバムを聴き終わった後、ライヴを観終わった後に、リスナーには自分の人生が待ってるわけじゃないですか。僕の場合は、リスナーを音源やライヴに陶酔させて現実逃避させるんじゃなくて、『あのライヴを見たから/あのアルバムを聴いたからこの現実/明日の問題と戦える』っていうようなモノにしたいんです。僕の作品の強さを、リスナーその人の強さに変えて、自己肯定する材料にしてほしい」

 初のソロ・アルバム「TRICKSTER」のリリースから約2年。その間に“スマイルドロップ”や“Seaside Bound”などのシングル・リリースや、圧倒的なエンターテインメント性を提示した『〜Ride my Limo〜』ツアーなど、積極的な活動を展開していたSKY-HI。
 
 そういった活動を経て制作されたニュー・アルバム「カタルシス」は、非常にコンセプチュアルで壮大な、一曲一曲ごとにそれぞれの世界があるのだが、それを紡ぎ合わせると、全体を通してひとつの物語やメッセージが浮かび上がる、“ラップ・オペラ”のような構造性/構築性の高いのアルバムとして完結した。
 
 ある種、“永劫回帰”や“自由意志”といった思想に近い、哲学的とも言えるモチーフや、それを表現するためにダブル・ミーニング/トリプル・ミーニングの多用されたリリック、楽曲同士の世界観の連携、そして濃厚な“死生観”など、非常に構造的で、有り体に言えば「ややこしい」作品であることは否めない。事実、インタビューでも語られる通り、それは意図的なモノだとSKY-HIは話す。
 
 しかし同時に、確かな言葉で綴られる“アイリスライト”や、ポップ・ミュージックとしての強度が非常に高い“カミツレベルベット”など、ポップで明快な作品であることも事実だ。
 
 そういった複雑さと明快さ、ポップさとHIP HOP性、束縛と自由、自己と他者、生と死……そういった相反したり、相対的な物事を、SKY-HIは彼の視点から止揚し、統合し、「その先」を提示する。そして、その先が見えたときに灯る感情は、「カタルシス」。
 
 
■まず、今回のアルバムの話に入る前に、1stソロ「TRICKSTER」からの約2年は、SKY-HI君にとってどんな時間だった?
「『TRICKSTER』を出した後には、音像やイメージを含めて『次のアルバムはこういう作品に』っていうイメージが既にあったんですね。だけど、『TRICKSTER』後のライヴの中で、『この内容だと根っこに持ってたメッセージが伝わってないのかな』っていう反省と気付きがあって。そして、その一番の原因は歌詞力、“カシヂカラ”の不足だと思ったんです。だから、その部分を磨き直して、“リリック”じゃなくて“歌詞”としての強度をもっと高めないといけないと思って。それで、スタッフにも『自分で納得がいくものが出来るまで次のリリースはしない』っていう宣言をしたんです」
 
■でも、一応レーベルとしてのリリース計画は決まってたんでしょ?
「うん、それを全部一旦白紙にしたんですよね。例えば、星野源とかゲスの極み乙女とか、“チャート1位”っていう数値的なトップも取りつつ、パブリック・イメージとしても今の音楽シーンのトップ・ランナーだって認められる人がいるじゃないですか。その中に自分が食い込んでいって1位を獲るって決めてたんで、ここで納得のいかないモノを出すと、そこに食い込む前にSKY-HIが沈没しちゃうと思ったんですよね。だから、『自分が完全に納得できる曲作り』を始めたんです」
 
■そこで掲げたテーマやハードルはどういったものだった?
「『自分の気持ちを全部吐き出しながら、しかもポップ・ソング』でしたね。その目標の上で、とにかく一曲に対してトライアル&エラーを繰り返して。しかもその期間が9ヶ月/182テイクにも及んだんです。漠然と作るのではなく、自分の中のOKラインが明確に見えていたんだけど、そこに辿り着くまでがとにかく大変で、地獄のような9ヶ月を経験することになりました」
 
■そこまで時間がかかった要因は?
「ビート・ジャックが、自分がラッパーとして評価される契機にもなったんで、『早く書く美学』みたいなモノが自分の中にあったんです。だから、どうしても手クセだったり“ノリ”がリリックに入って来ちゃって。例えば、『韻を踏むためだけの言葉』が入ってしまって、それで歌詞世界が崩れてしまったり、『リリック性が歌詞世界を邪魔する』って部分があったんですよ。だから、それを超えるために『歌詞を書く人』としての強さが必要だったし、それを手に入れないと先に進めないと思ったんですよね。単純に言うと、漫画の絵が上手いのと、絵画の絵が上手いのって、絵の方向性は違うかもしれないけど、根本的な“画力”はどちらとも必要だし、共通してるじゃないですか」
 
■デッサン力みたいな、ベースとなる部分というか。
「そういう根本的な部分を強くしたかったってことですね。それを今やらないとなって」
 


 
■それで出来たのが“スマイルドロップ”だったと。
「そうですね」
 
■出来上がったときは、達成感があった?
「正直、『出来た』とは思ったけど、大きな手応えはなかったです。だけど、“スマイルドロップ”が出来て以降、どうやって曲を書いても、ちゃんと自分の納得のいく歌詞が書けるようになったんです。ビートジャックのときと同じようなスピードで書いても、手クセじゃない内容になったので、何かが変わったんだなって。その上で、問答無用のポップ・ソングを作ろうと思って作ったのが“カミツレベルベット”だったんですよね。そして、あの曲を作る中で、仮歌を入れたときにふっと、『Everything's gonna be alright』って歌詞が浮かんで。それは、今までの自分だったらありえないことだったんです」
 
■というと?
「今までは不条理だったり、認められない努力、叶わない夢みたいなフラストレーションが自分の中には強かったし、そういうメンタルの持ち方でもあったと思うんですよね」
 
■確かに、SKY-HI君は脳天気に「全てはうまくいく」なんて軽く言うタイプではないよね。
「でも、その地獄の9ヶ月を経た後に『Everything's gonna be alright』って言えて、それを自然に言えた自分に、本当にカタルシスを感じたんです。『こんな日が来るんだ』って。そこからアルバムのプロットが生まれて、やっとこのアルバムの制作がスタートした感じですね」
 
■アルバムからは、「死の匂い」がすごく濃厚に感じられたし、最初はちょっと怖かったんだよね。「SKY-HIは死ぬんじゃないか」って。
「その通り、っていうと死んじゃうみたいだけど(笑)、それはあると思いますね」
 
■歌詞として希死観念が強いっていうわけじゃないんだけど、端々に死の匂いを感じる部分がある。先ほどの話を訊いて、そこにはその「地獄の9ヶ月」が反映してるのかなって。やはり9ヶ月の間、同じ曲を作り直すっていうのは、ずっと自己表現を自己否定し続けるってことだと思うから、それは感覚としては自死にも近いよね。
「鏡に向かって『お前は誰だ』って言い続けると頭がおかしくなるっていうじゃないですか」
 
■アイデンティティが崩壊するらしいね。SKY-HI君のその9ヶ月の行為は、それに近いアプローチだと思う。
「その9ヶ月間には気づいてなかったんだけど、“カミツレベルベット”が出来たときに『あ、“スマイルドロップ”を作ってた9ヶ月って、ずっと死にたいって思ってたんだな』って」
 

 
■その9ヶ月の末に再生したということは、それまでの自分を殺したってことにも通じるよね。
「再生できたからよかったけど、どれだけやっても納得のいく曲が書けなかったら、歌うたいとして、作詞家として死んでたってことですからね。しかも、理想に到達できるっていう保証はどこにもなかったわけだから……」
 
■ゾッとするね。書けてよかったし、「Everything's gonna be alright」と言えてよかった(笑)。
「『死にたい』って思う気持ちって、多かれ少なかれみんな持っていると思うんだけど、それは自分の中にもあったんだなって。でも、どこで植え付けられた倫理観か分からないけど、『“死にたい”って思っちゃいけない』っていう観念はあるじゃないですか。しかも、そういう悩みに対して、『お前の死にたいって気持ちより、もっと深い悩みの末に死にたいって思う人もいるよ』っていう言い方もされたり。でも、『死にたい』って気持ちを、人と比べて大きいか小さいかを計るなんて実は無意味だし、その気持ち自体に違いはないから、その人の辛さや痛みを計量したり、比較したり、否定するのはすごく乱暴なことだと思う」
 
■自分のであっても、他人のであっても、その感情自体をそのまましっかりと受け止めるということだね。
「そうですね。何回救われても、自分自身、この先も『死にたい』って思うことはまたあるだろうし、何回も繰り返す筈で。生きててイヤだなって思うことは、これからもたくさんあると思う。だから、そういう事柄に対する思いも自分の作品として形にしていこうと思って、今回は書いてみたんです」
 
■そういう気持ちは、アルバムのオープニングとラストを飾る“フリージア”に強く表われているようにも思えたんだけど。
「そうですね。そうやって『死にたい』と思わされてしまうような今を『愛の無い時代』と呼ぶなら、それでも生きてる理由や『生きててよかった』と思える言葉やメッセージを、アルバム通して今回は歌おうと思ったんですよね。そういう、浄化的な意味での『カタルシス』。一方で、生死の話も根本にあるので、死を語るってことで『語る死す』と」
 
■そこからダブル・ミーニングは始まってるんだ。でも、その“カタルシス”は先程も話にあったように、自己救済的、自己浄化的な部分から発生しているんだね。
「もちろんそうですね。自分の感じたカタルシスから発展して、その感情をみんなに届けたいなって」
 

 
■個人的に感じたのは、今回のアルバムは自己肯定が中心のモチーフにあると思う -- それは翻ると他者肯定にも繋がるんだけど、それは自らを自らで否定させられてしまうような価値観から離れて、自分で価値を創造しなくちゃいけないということだと思うし、それはすごく大変で面倒なことだよね。
「うん。僕の場合は、その期間が自己否定を続けた9ヶ月だったんですよ。その期間の制作を通して、自分の倫理観や道徳、常識って部分でさえも、もう一回考え直す機会になったんですよね」
 
■今作が「TRICKSTER」と繋がってる部分があるとしたら、そういったアナーキーさなのかなって。「TRICKSTER」はタイトル通り、既存価値を破壊したり紊乱するキャラクターだったわけだけど、今回も、今の話のように常識を疑うようなテーマが多いし、「最終的に自分を自分たらしめるのは、あなたしか出来ない」ってことを言い続けてるアルバムだよね。その意味でも、共通してるのは「価値観を自分でどう捉えるか」ってことだし、それはアナーキーとも言える発想で。それは“破壊的”という意味でのアナーキーさではなく、「自分が自身を信じる」という意味でのアナーキーさなんだけど。
「アルバムを聴き終わった後、ライヴを観終わった後に、リスナーには自分の人生が待ってるわけじゃないですか。僕の場合は、リスナーを音源やライヴに陶酔させて現実逃避させるんじゃなくて、『あのライヴを見たから/あのアルバムを聴いたからこの現実/明日の問題と戦える』っていうようなモノにしたいんです。僕の作品の強さを、リスナーその人の強さに変えて、自己肯定する材料にしてほしい。特に、ライヴ『Ride my Limo』だったり、最近の自分の動きはそういう気持ちがあります。『音楽を聴いてる/ライヴを観てる瞬間は現実を忘れられる』っていう風に現実逃避させるためだけに僕に依存させるのは、少し可哀想にも危険にも感じるから、そうではなくて僕がいること/表現することで、みんなが自身を自己肯定できるっていう風にしたいし、それが今の僕のライヴだったり、僕とリスナーの関係性でありたいんです」
 
■その意味でも、自尊自立のアルバムだと思うんだけど、でも、「自分で判断しなさい」「自分を愛しなさい」みたいな、そういったことをベタに表現しないよね。
「正にそれは意識しましたね。そういう言葉は『強いメッセージ』になると思うけど、それをアルバム一枚ずっと言われたら……」
 
■脂っこいね。
「いくら美味しい肉でも、カットしないでまるごと出されたら食べられないじゃないですか。だから、強烈なメッセージが根本にしっかりあるからこそ、ちゃんと調理して、エンターテインメントにしたかったんです。そうやってエンターテインメントとして、映画とかマンガに対抗できる作品を作らないと、それぐらい強烈なメッセージは伝わらないなって」
 
■今はベタにメッセージを言い過ぎな作品も多いけど、根本の主題を言わないからこそ表現、言わないからこそメッセージって部分が、本来のエンターテインメントだよね。それと同じ構成にしたかったと。アルバムの構成として、非常に無常観的だったり、ペシミスティックな部分から、最終的に肯定に繋がっていく流れもドラマティックだよね。
「そのために時系列を作っていきました。“フリージア〜Prologue〜”でアルバムの伏線が全部張ってあるのは、映画で言えば、オープニングで全体を俯瞰させるような見せ方ですよね。この中でシニカルに『愛の無い時代だ』ってことを語って。そして“Ms.Liberty”“スマイルドロップ”“Count Down”と、喪失や欠落、『届かないこと』を歌ってるんですが、その集約として、喪失の究極として“LUCE”という“死”に辿り着く。そして、そういう喪失から人はどこに向かうのかと言ったら、多分、怒りやフラストレーションだと思うんですよね。それが“AS A SUGER”や“F-3”。そして、そこから“Young, Gifted and Yellow”というノスタルジーに繋がっていって」
 

■ここにノスタルジーを挟んだのは?
「“朝が来るまで”“Seaside Bound”は、喪失する以前の、出会った頃の話だから、これまでの世界観と時間が変化してるんですよね。そのために、過去と今を対比させるノスタルジーを挟むことが必要で。そして、『自分にとって大切な存在が、一秒でも幸せっていう瞬間を作るために、人は生きてるんじゃないか』ってことを表現する“アイリスライト”“カミツレベルベット”で、『Everything's gonna be alright』という肯定のメッセージを表現し、その先に“フリージア〜Epilogue〜”があるんですけど……」
 
■“フリージア〜Epilogue〜”は、“フリージア〜Prologue〜”とリリックを敢えて重複させてる部分があるよね。だけど、その受け取り方が、アルバムの入口と出口でまったく変わっている。
「そうですね。同じ『愛の無い時代』といっても、いろんな曲を経た後の『愛の無い時代』は、そこに対して諦めるんじゃなくて、そんな時代だからこそ、自分の足で立って、愛を探して歩いていくっていうメッセージになってて」


 
■だから、時間軸の変化による成長譚にもなってるんだよね。でも、その構成はすぐには分からないし、今の説明でも多分足りないぐらい、複雑な作品だとも思うんだけど。
「でも、それぐらいの作品にしていいと思ったんです。そう思った要因のひとつは、“F-3”を作ったときに謎解きをリスナーがリスナー同士でやってくれたこと。USだとgenius.comがあるから、ダブル/トリプル・ミーニングを面白がることが出来ると思うんですけど、日本だとそれをやり過ぎると伝わらないんじゃない?って、諦めに近いものを感じてたんですよね。でも、“F-3”で多重的に意味をそこに込めて、『例えば<アウトとセイフ>という歌詞は、<セーフ>じゃなくて<セイフ>にしたことに意味があるんだよ』ってTwitterで軽く風を起こしたら、そこからみんなが深読みを始めてくれた。それで、意味合いを進化させることとエンターテインは反比例するものじゃないし、それは日本でも可能だってことを確信できたんですよ。それが大きな要因のひとつ。もうひとつは、そういった構成の複雑さを無視して聴かれたとしても、『いいね!』って思ってもらえるだけの音楽ヂカラ/音楽的強度がこのアルバムにはあるっていう確証があるからですね」
 
■複雑さという意味性は評価軸として意図しているけど、それ以前の問題として、純粋に「音楽的な強度」が、作品のクオリティを担保していると。
「そうですね。僕は立ち位置的に偏見を持たれやすいタイプだし、ここまでアルバムを考えて作ってるって思われない偏見も、ぶっちゃけ感じてるんですけど」
 
■便宜上アイドルと表現するけど、「AAAというアイドル・グループの日高のラップ・アルバム」という捉え方をすれば、「アイドルだからそんなに難しいことは出来ないでしょ」っていう偏見を持つ人も、いまだにいると思う。
「だから、インタビューとかで改めてこういう説明をしてもいいと思うし、その説明がアルバムの面白さと気付きの増幅に繋がると思うから、今回は積極的にそういう部分もインタビューで話していこうって。それに、僕のライヴのファンって、昔はAAAのファンかHIP HOPヘッズのどっちかだったりしたんですけど」
 
■別の属性から集まってきたファンが多かったと。
「だけど、それが今は『SKY-HIのファン』って存在がフロアを埋め尽くしてくれてるし、良い意味で黄色い歓声が減ったんですよね」
 
■もちろん、AAAからの流れのファンも多いとは思うけど、そういう人も「AAAの日高」じゃなくて、SKY-HIを観に来るわけだね。
「そう、みんなSKY-HIの曲を待ち望んで、単純にSKY-HIのメッセージや楽曲を楽しみにしてくれる人が増えたなって。だから、そういう人に向けて作品を作ることに、ためらいはなかったですね。そういう部分は、今回のアルバムで“自由”がひとつのテーマになってることにも繋がりますね」
 
■というと?
「僕は、昔から(AAAの日高という属性の)制約がある中でMCバトルに出たり、現場のライヴに出てたんですよね。そういう制約の中でもラップを出来ることに、自由を感じていたんですよ。だけど、周りからはやっぱり不自由そうに見られてた部分はあると思うし、確かに他の人に比べれば不自由な部分もあって。そういうアンビバレントな感情はラッパーとして感じてたことだし、だからラップとして書かなくちゃと思ったし、書きたかった。そういう風に、愛とか自由は自分にとって大きなテーマだし、それを追いかけたアルバムになったと思いますね」
 

 

 

TOUR INFO
SKY-HI TOUR 2016 〜Ms. Libertyを探せ

2月14日(日) @金沢市文化ホール
2月18日(木)@福岡国際会議場メインホール
2月19日(金)@広島JMSアステールプラザ 大ホール
2月28日(日)@仙台電力ホール
3月5日(土)@愛知県芸術劇場 大ホール
3月11日(金)@大阪オリックス劇場
3月13日(日)@TOKYO DOME CITY HALL

Pickup Disc

TITLE : カタルシス(CD+DVD1)
ARTIST : SKY-HI
LABEL : avex trax
PRICE : 3,700円+税
RELEASE DATE : 1月20日

TITLE : カタルシス(CD+DVD2)
ARTIST : SKY-HI
LABEL : avex trax
PRICE : 4,500円+税
RELEASE DATE : 1月20日

TITLE : カタルシス(CD)
ARTIST : SKY-HI
LABEL : avex trax
PRICE : 3,000円+税
RELEASE DATE : 1月20日