日本を代表するHIPHOPサイト! Amebreak[アメブレイク]
  • INTERVIEW
  • KNOWLEDGE
  • NEWS / REPORT
  • COLUMN
  • RECOMMEND
  • MEDIA
MUSIC/VIDEO[メディア] RSS

第三会議室PRESENTS名盤各務塾VOL.1/RUN DMC「RAISING HELL」の巻

※現在サーバーが非常に混雑しており、動画の再生が不安定な状況になっております。ご迷惑をおかけいたしますが、視聴出来ない場合、暫くしてから再度ページをご覧下さい。

  
 いよいよ始まってしまいました、スペースシャワーTV『BLACK FILE』内の人気コーナー『第三会議室』とのコラボ企画、その名も『名盤各務塾』! お馴染みK DUB SHINEと宇多丸師匠がHIP HOPのあんな名盤やこんな名盤に関して濃密なレクチャーを繰り広げていく、月イチ更新の要注目映像コンテンツです!
 
 記念すべき第一回目は超大ネタ:RUN DMC「RAISING HELL」!

 
 
 
 
「RUN DMCって誰?」という人に……:
 NY市クイーンズ地区で生まれ育った、DEF JAM RECORDS創設者RUSSELL SIMMONSを兄に持つRUNと、DMC、そしてDJのJAM MASTER JAYから成る3人組。1983年にシングル“IT'S LIKE THAT/SUCKER M.C.'S”でデビュ−。R&Bチャート・トップ20のヒットを記録する。翌84年にファースト・アルバム「RUN DMC」、85年に「KING OF ROCK」を発表し、ストリートでハードなラップ・スタイルとロックンロールを大胆に取り入れたサウンド・プロダクションの組み合わせの新しさが評判となり、瞬く間に人気グループの仲間入りを果たす。
 
 1986年にはAEROSMITH“WALK THIS WAY”を、AEROSMITHのSTEVEN TYLERとJOE PERRYを招いてカヴァー。同曲の大ヒットも手伝ってサード・アルバムの「RAISING HELL」はHIP HOP史上初めてR&Bチャートで首位を獲得/ポップ・チャートでトップ10入り/100万枚以上のセールスを記録した、文字通り記録ずくめのモンスター・アルバムとなる。
 
 その後「TOUGHER THAN LEATHER」「BACK FROM HELL」「DOWN WITH THE KING」とリリースを重ね、問答無用のHIP HOP界のパイオニアとして今日に至るまでの絶大なリスペクトを受け続けている。2000年に最後のアルバムとなる「CROWN ROYAL」をリリースした2年後の2002年、JAM MASTER JAYが何者かに銃で殺害され、グループは解散を表明し現在に至る。残ったメンバーのRUNは1枚、DMCは2枚ソロ・アルバムを発表している。
 
 
『名盤各務塾』では、こっちゃんと宇多丸師匠に紹介/解説してもらいたい作品のリクエストを募集しています。
作品/アーティスト名を明記してコチラまでメールお待ちしています!

 
  
協力:スペースシャワーTV
by the courtesy of Ki/oon Records Inc.

BLACKFILE.gif